ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Netflixとマーベルによるドラマシリーズ『Iron Fist(原題)』、『ゲーム・オブ・スローンズ』のフィン・ジョーンズが主演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演中のフィン・ジョーンズが、マーベルとNetflix(ネットフリックス)による新しいスーパーヒーロー・シリーズ『Iron Fist(原題)』に主演することを、本紙ヴァラエティが確認した。

ジョーンズが演じるのは、見事なカンフーの腕前と燃えるような鉄拳の力を呼び起こす能力を持ち、何年も姿を消していた後に、街を堕落させる犯罪分子と戦うためにニューヨークに戻ってきたハンサムで洗練された自由な1匹狼の主人公ダニエル・“ダニー”・ランドだ。同シリーズは、『デアデビル』、『ジェシカ・ジョーンズ』、これから公開を控える『ルーク・ケイジ』に続く、マーベルとNetflixとの4作目のコラボレーション作品となる。4人のキャラクターは、マーベルのストリートレベル(地球ではなく街を守る)のヒーローとして知られており、それぞれのキャラクターが主人公となるドラマシリーズに続き、Netflixで展開するミニシリーズ『The Defenders(原題)』で、クロスオーバーした4人のヒーローがチームを結集する。

昨年12月に、人気テレビシリーズ『デクスター ~警察官は殺人鬼』でエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたスコット・バックが、『Iron Fist(原題)』のショーランナー(番組責任者)に就任している。

バックと共に同シリーズでエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、マーベル・エンターテイメントのテレビ部門を指揮するジェフ・ローブは、「スコット(バック)が『Iron Fist(原題)』を引き受けてくれたことに、非常に驚いた」と、語った。そして、「我々は、我々のヒーローたちに命を吹き込むことを手助けしてくれるような、この分野で最も創造的な発想の持ち主を常に探している。そして、スコットと一緒に、現在進行中の『The Defenders(原題)』のストーリーにおいて、さらに別の素晴らしいシリーズを届けることが出来る人物を見つけた」と、続けた。

バックはまた、「私は常に複合的な作品や魅力的なキャラクターに惹きつけられてきた。マーベルと共に、主人公ダニー・ランドと『Iron Fist(原題)』をNetflixで生き返らせる機会を得られたことは、私にとってこの上ない喜びだ」と、コメントを加えた。

ジョーンズは、米ケーブル局HBOによる人気テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』最新シーズンで、ナタリー・ドーマー演じるマージェリー・タイレルの兄のロラス・タイレル役として特に知られている。ジョーンズは、パフォーミング・アーツ(APA)、NBマネジメント、英国ではカーティス・ブラウンと代理人契約を結んでいる。

ジョーンズが出演するという情報は、ザット・ハッシュタグ・ショーが最初に報じ、その後、エンターテイメント・ウィークリーによって確認された。マーベルとNetflixはコメントを控えた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP