ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

町田で噂のJAMI JAMIバーガーは、「秘密の裏の店」で食べるとさらにウマいという話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

とある用事で久々に東京都町田市の「仲見世商店街」を訪れました。

そこは東京のDeepスポットとして密かに知られている商店街。久々に来てみると、昔ながらの店もありますがずいぶんと飲食店が増えていて、行き交う人も増えている。

だけど雑多で怪しい雰囲気は相変わらず。『まほろ駅前』シリーズのロケ地だったりもするそうです。


すぐ満席になる人気店

午後も遅くなり小腹が減ったなぁと周囲を眺めると、何やら流行ってそうなハンバーガーショップ。

「JAMI JAMIバーガー」さんというのがそのお店。

と、何気なさを装ってますが実は以前にTAKE OUTで食べたことがあります。

その時は近所でラーメンを食べた後、衝動的に買ったのでさすがに食べきれず、自宅までもって帰ったんですね。で、すっかり冷めてしまったんですけど、コレが美味しいんですよ。

ハンバーガー(580円/セット880円)

「ああコレ、今度は出来たての熱々を食べたいなぁ」と思いつつ、ドウセだったら『メシ通』で取材を申し込んで、胃袋要員も用意して改めて鼻息モクモクで食べに来よう!

で、実際そうした。というわけなんです。

わりと間口が狭いお店なんで大丈夫かな?

と思いつつ周囲の様子を撮影してたら案の定、2組のお客さんが入ってもう満席です。

「うわ〜、コレはすぐに行列だな」と思っていたら、

店員さんがお客さんを連れてどこかへ行ってしまいます。

店長の照井敦さんに聞くと、

「あ〜ウチ、裏手に席があるんですよ」とのこと。

確かによく見ると看板の所に書いてあります。

あ〜続々お客さんが連行されていきます。

「我々も!」とガッツイて注文する前に、まずは照井店長さんが調理する姿をゲキシャします。

「あっ! スゲー! バーナーで焙ってる!」

照井店長「コレうちの名物〝焦がしチーズバーガー〟なんすよ」

ボアア〜!

「コレってアレだ、『メシ通』の炙燃太郎……」

ゴアアア〜!

照井店長「は? なんすか?」

ボボボ〜!

「あっ、いやこっちのことっす」

我々も早速注文。やはりここは「焦がしチーズバーガー(780円/セット1,080円)」、そして店名のついた一番人気の「ジャミジャミバーガー(880円/セット1,180円)」の2種類を注文。会計を済ませて、裏にある席で待つことにしましょう。

お店の裏にある秘密

てくてく。

てくてく。

てくてく、ん?

てくてくてく、んん?

これは、また……。

仲見世商店街らしいDeepな場所に……

ほほう。

あれ? ここひょっとして違う店?

「あ〜そうなんすよ。ここは『La Coronita(ラ・コロニータ)』ってメキシカン・バルの店なんすよ」と居合わせたのは古田篤店長(あっ、ダブル・アツシですね。余談です。どうでも良いですね)。

なんでも系列店のJAMI JAMIとは席を共有してて、昼間から店は開放しているがメキシカン・バル「ラ・コロニータ」の営業は17時からなんだそう。

メニューを見るとなんか凄そうなカクテルとメキシカン・ビールが豊富。

ならばと追加で「コロナリータ」(980円)というカクテルと「デイオブザデッド・IPA」(750円)というメキシカン・ビールを追加で注文。

しばし待つと

JAMI JAMIの照井店長がハンバーガーを持って登場!

つづいてLa Coronitaの古田店長がカクテルとビールを持って登場!

さあかぶりつきましょう!

ドド〜ンとそろいました!

あ、このハンバーガーはtallが高いですな。

あ、このハンバーガーはチーズのビラビラがスゲー

あ、このカクテルはコロナビールが豪快に刺さってる

あ、このビールはなんか死にそうなラベル(笑)。

と、ビジュアルインパクト抜群なハンバーガーと飲み物。

「ジャミジャミバーガー」はチーズ、ベーコン、アボカド、ハラペーニョ入り。

ハラペーニョが効いていてスパイシーなんだけど、アボカドのクリーミーさと特製のドレッシングがちょうど良いバランス。

「焦がしチーズバーガー」は4種類のチーズをバーナーで焙ってカリカリに仕上げています。このカリカリチーズとハンバーグが合わないわけがありません。

JAMI JAMIさんのパテは100%ビーフの手ごね。ミンチが大きめで、プリプリでジューシー。コリコリした食感の部分もあったので、軟骨もチョイ入っているかなという感じ。

バンズもやっぱり自家製。フワフワでサクッと歯切れが良いんですよ。どちらもボリューム感のあるハンバーガーなのに、軽く食べてしまえるのは、このバンズによる所が大きいと思います。

ああコレは懐かしい西海岸の味、ルート66の風を感じます。

行ったことないですけどね。

(ちなみに、撮影しやすいようにとペーパーの袋は外して出してくれましたが、通常は持って食べやすいようにペーパーに入って出て来ます)

で、La Coronitaさんの豪快なカクテル「コロナリータ」。数種類ある内からモヒートを選びました。

フローズンカクテルにコロナビールの瓶が逆さまになって刺さっています。中のフローズンカクテルをコロナビールで徐々に溶かしながら飲んでいくというもの。見た目もカッコいいんだけど、味も甘くなくてスッキリ。

古田店長曰く「ボリュームあるんで、二人で分け合って飲んで下さい」とのこと。

そして不気味なラベルのメキシカン・ビール「デイオブザデッド・IPA」。コレはラベルの見かけ通り、強い苦みのビール。でも香りが爽やか。コレもちょっと飲んだことない味です。

このカクテルとビールを飲んでると、ボリュームのあったハンバーガーもスッとお腹におさまってしまう感じ。

「コレはちょっと、まだまだイケルぞ!」となってしまい、追加で料理を注文。

たがが外れる

HOTエンチラーダ(500円)。チョリソーとチリビーンズと野菜などをトルティーヤに包んで、上からチーズソースをかけ、さらにサルサ、サワークリーム、アボカドソースをトッピングしたもの。

コレも旨い!

と、そこにお店からサービスでバドワイザーの生を提供していただく。

バドワイザーの生というのも初めて飲んだんですが、缶や瓶のと違ってすごく香ばしい。

あーコレはメキシカンにも合うけど、JAMI JAMIのハンバーガーにも抜群に合いそうです。でももう食べちゃった。

悔しいなあと「コロニータサラダ」(Mサイズ500円)を注文。

旨いなあと「チーズナチョス」(Mサイズ500円)を注文。

ついでに「グリルドチョリソー」(700円)を注文。

それから「バファローチキン」(700円)を注文。

お酒を追加でメキシカンの黒ビール「ネグラモデロ」(730円)と、

それから「コロナリータ」(カクテル類650円〜)のマルガリータを注文。

ドボドボドボ〜

あははははははははははは〜

お店情報

JAMI・JAMI・BURGER 町田店

住所:東京都町田市原町田4-5-18

電話番号:042-722-0526

営業時間:11:30~24:00

定休日:火曜日

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ000940522/

【メキシカン アボカド専門店】La Coronita

住所:東京都町田市原町田4-5-19 仲見世商店街内

電話番号:050-5257-2206

営業時間:17:00~24:00

定休日:水曜日

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ001109143/


書いた人:

原布里生イグレシアス

(はら・ふりお・いぐれしあす)帰国子女のつもりのフードライター。腹を振ると食物を消化するという特技をもつ。と、本人は言い張る。

関連記事リンク(外部サイト)

おとなのぶらり旅 ~こんなにも、ある。南熊本編①~ 
ソバット団激賞! 超ハイクオリティな立ちそばの名店が相模大塚のロードサイドにあった【東京ソバット団】
【ロマンチック】星空を眺めながらお酒を楽しめるお店5選

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP