ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日中、PCの前に座っているあなたがやるべき「8つのコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米・ライフスタイルメディア「PureWow」に、デスクワーカー必見の記事がまとめられています。

1日中PCで仕事を行っていると、健康上のいくつかの問題が発生することに。しかし、ここで紹介されている8つのコトを取り入れれば、そんな問題も解決できるかも。早速、今日から試してみては?

01.
意識的に
通常の3倍のまばたきを!

デスクワークをしているときは、より頻繁にまばたきをする必要があります。通常の3倍多くすべきと言われているのだとか。意識して、まばたきを多くするよう努力してみましょう。そうすれば、だんだんと自然にできるようになるはずです。

また、画面を見るときは、「20-20-20ルール」に従うようにしてみてください。これは、20分ごとに、20フィート(約6メートル)離れた場所を、20秒間見つめることを意味します。

02.
PCと目の位置関係を調整

PCと目の位置関係はとても重要です。画面があまりにも低すぎたり、反対に高すぎる場合、ドライアイになる可能性が高まるのだとか。スタンドや書籍を積み重ねたりして、モニターの位置を調節しましょう。

03.
水分をこまめに補給

飲料水は、健康のために必要不可欠。水分補給をこまめに行うことで、体重減少やきれいな肌の維持、エネルギー促進が期待できるでしょう。定期的にトイレに行くため、良いリフレッシュにもなります。

04.
エレベーターより階段で

オフィスでは、できるだけ階段を使うように。車で通勤しているのなら、あえて入り口から離れた場所に駐車してみてください。あなたが1日中仕事で机の前に座っているなら、少しでも多く歩くことで血液の循環を良くし、筋肉の状態を良好に保つ助けとなるはずです。

05.
休憩時間に
簡単なエクササイズを

簡単なものでいいので、効果的な運動をしましょう。何の設備も必要としない、血流を良くするような運動を行うように。

06.
フォントサイズを
大きくしよう

自分がおばあちゃんになった気持ちで、コンピューターのフォントサイズを大きくしてみてください。文字が小さすぎる場合、目を細めることになり、目の疲れや頭痛の原因になってしまうことに。

07.
アラームをうまく使おう

スマホを使い、特定の時間ごとにアラームをセット。アラームが鳴るたびに椅子から立ち上がり、少しだけ歩くようにしましょう。

08.
帰宅後は
しっかり目を休めて

仕事を終えた後は、家でテレビやPCを見るのを控え、目を休ませてあげましょう。スクリーンを長時間見続けることは、視力を低下させるだけでなく、「コンピュータービジョン症候群」という病気を誘発する可能性を高めることに。

Licensed material used with permission by PureWow

関連記事リンク(外部サイト)

あなたの健康に大きな影響を与える「44の小さなコト」
無人島に持って行きたいレベル?にんにくの意外すぎる使い道【8選】
アボカドが多くの人に愛される「20のワケ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP