ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスポートを海外で紛失した時は?〜警察へ紛失届け、再発行期間、費用まで〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ますます身近になる海外旅行。気軽に海外へ行けるようになった反面、パスポートを紛失するリスクも増えてきています。ただでさえ慣れない海外での環境、もしパスポートが無くなったら、冷静に考えられませんよね・・・。

そこで今回は、いざという時に覚えておきたい、パスポートが無くなった場合の対処法についてご紹介したいと思います。

パスポートを無くしたら、まず現地の警察へ

パスポートが無くなったとわかったら、まずやるべきことは「現地の警察へ届け出をする」ということです。「現地の警察」と聞くと、気分が滅入るかもしれませんが、警察が発行してくれる紛失届出を立証する書類(ポリスレポート)がないと次のステップに進めません。そのため、パスポートを紛失したことがわかったらまずは警察に行く、と覚えておきましょう。

日本大使館又は総領事館で各種届け出を行う

現地の警察から発行された紛失届けの書類(ポリスレポート)を持って、最寄りの日本大使館、又は総領事館に行きます。そこでまずはパスポートの不正利用を防止するためにパスポート利用の停止を行います。

そのために必要な書類は以下となります。

・紛失一般旅券等届出書 1通 ※Webから「ダウンロード申請書」を使用することも可能
・警察署の発行した紛失届出を立証する書類(ポリスレポート)
・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1枚
・その他参考となる書類(必要に応じ、本人確認、国籍確認ができるもの)

紛失一般旅券等届出書は大使館の窓口で用意されているため、現地で記入できます。これらの書類を提出することで、晴れて紛失したパスポートの利用を停止することができます。

パスポートの再発行、又は渡航書の発行手続きを行う

紛失届けが完了したら、合わせてパスポートの再発行か渡航書の発行を行います。「渡航書」とはすぐに帰国する場合の臨時のパスポートのようなもので、72時間(3日間)など短い期間が設定され、その期間までに日本に帰国する場合に有効な書類となります。そのため、紛失後にすぐに日本に帰国する予定がある場合は渡航書、紛失後も長期滞在予定の場合は新規でパスポートの再発行を行いましょう。

パスポートの再発行を行う場合の書類は以下となります。

・一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
・戸籍謄本又は抄本 1通
・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1枚

すぐに帰国する場合の渡航書の発行を行う場合は、以下の書類が必要となります。

・渡航書発給申請書 1通
・戸籍謄本又は抄本 1通 又は日本国籍があることを確認できる書類
・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1枚
・その他日程等が確認できる書類(航空券のコピーなど帰国日が分かるもの)

この際、注目したい点は「戸籍謄本又は抄本」です。海外旅行時にこれらを持っている人は少ないのではないでしょうか。そのため、パスポートの再発行時には日本から郵送やFAXなどで送付してもらう必要があります。渡航書の場合は帰国だけが目的のため、運転免許書などの日本国籍が証明できるものでも申請が可能です。

これらの発行にかかる期間は、渡航書で最短当日発行、パスポートの再発行で3日~10日ほどです。現地大使館などの状況によって、これ以上に時間がかかる場合もありますので、できれば余裕を持って申請を行っておきたいものですね。

また、パスポートの再発行にかかる費用(手数料)は新規申請時と同様で5年間有効な旅券(12歳以上)11,000円、10年間有効な旅券(20歳以上)16,000円。渡航書の場合は2500円程度の費用(手数料)がかかるそうです。いずれも現地通貨での用意が必要となります。

パスポートを無くしたら、まずはリラックス

ただでさえ慣れない海外での対応。そのため、まずは「リラックスすること」が最も大切です。現地の警察とのやりとりでは、相手のことを威圧的な態度だと思ってしまうかもしれませんが、こちらも必要な処理のために来ているだけ。淡々と処理していくような気持ちで臨んでいきたいですね。

また、海外旅行時には事前に「パスポートのコピー」「証明写真2枚」などを用意しておければ、後の準備が楽になります。パスポートのコピーは、パスポート番号の確認や日本国籍の証明、そして、証明写真は各種申請書用の写真に使えます。可能であれば、戸籍謄本もあれば良いですが、海外旅行時に持っていくのは面倒かもしれませんので、長期旅行の際などに限定して持っていくと安心かもしれません。渡航前に、在外公館などの場所を外務省のHPから確認しておくのも忘れないようにしましょう。

その他には、このようなリスクの発生時における海外保険もあります。パスポートの紛失によって余計に発生した、航空券やホテル代金などを後々請求することもできますので、加入の検討をしていても良いかもしれませんね。

以上、いざパスポートを無くしてしまった時の対処方法をご紹介していきました。基本は「現地警察署へ届け出」→「日本大使館などで紛失の届け出とパスポートの再発行か渡航書の発行」です。いずれにしても、パスポートは普段から紛失しないように心がけたいものですね。

※情報は2016年2月29日時点でのものとなります。ご了承ください。

[外務省]
[OTOA]
[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP