ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィカンダー主演の映画『Light Between Oceans(原題)』の予告映像が初公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズが出演する哀しい海を舞台にした映画『Light Between Oceans(原題)』の初となる予告映像が公開された。

同作は、作家M・L・ステッドマンのデビュー小説『海を照らす光』をもとに、映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』のデレク・シアンフランスが監督を務めた。第一次世界大戦後のオーストラリア西海岸の灯台が舞台となっている。

ファスベンダーとヴィカンダーが演じる夫妻は、島に打ち上げられた救命ボートの中で見つけた赤ん坊を内緒で娘として育てる。2人は幸せの最中にいたが、数年後に娘の本当の母親(ワイズ)が現れ、彼女が娘と夫を同時期に海で亡くしたことが明らかになる。

ファスベンダー演じる夫は、妻に「この子は私たちのものではない」 「もう、僕たちはこの子を育てられない」と、予告映像の中で語る。

ドリームワークスは2012年に、原作となる小説『海を照らす光』の映画権利を獲得した。映画『Light Between Oceans(原題)』は、映画『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・ハイマンとジェフリー・クリフォードがプロデュースする。パーティシパント・メディアも共同でプロデュースを行い、2014年にオーストラリアで撮影された。

同作は、ドリームワークスと米ウォルト・ディズニーとの5年間の配給契約のもと、米ディズニーから配給されるドリームワークスの最後の作品となる。同作は、9月2日に米劇場公開する。

ヴィカンダーは、映画『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞助演女優賞を獲得した。また、ファスベンダーは、映画『スティーブ・ジョブズ』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされていた。ウェイズは、2005年公開の映画『ナイロビの蜂』で第78回アカデミー賞助演女優賞を獲得した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP