ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

育毛に味方説あるドライヤーに東国原英夫氏「手遅れですかね」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドライヤーでハゲが治る? そんなバカな──。にわかには信じがたい話だが、話題となっているドライヤーは、医療や美容の技術開発・製造を行なうリュミエリーナが販売する『HAIRBEAUZER Ex-celleMium2』(以下、ヘアビューザー)だ。

 ヘアビューザーには同社が独自開発した「バイオプログラミング」という技術が採用されている。販売店ホームページによれば、特殊なセラミックによって複数の遠赤外線を発生させることが特長。水分子の活動を活発化させる働きを持つ遠赤外線を当てることで毛髪の水分密度が上がり、潤いを取り戻すのだという。

 かつては“早く乾かせればいい”と思われていたドライヤーは、ヘアビューザーに限らず、凄まじい進化を遂げている。そうしたドライヤーの最新事情について美髪アドバイザーの田村マナ氏が解説する。

「今は乾かすだけでなく、髪や頭皮への何らかのプラス効果を求められるようになっています。振動ブラシで頭皮をマッサージする機能がついたもの、マイナスイオンを発生させ静電気などを抑える効果のあるもの、冷風と熱風を自動的に交互に発生させるものなど、様々な機能がプラスされています。多機能化によって値段は上がっていますが、高価格帯の商品ほど売り上げを伸ばしている傾向がハッキリしています」

 本誌薄毛記者も早速試してみた。1週間ほど続けてみると髪の質感の変化を感じ、気のせいか頭頂部にボリュームが増したような。このまま続けていけば……と希望が湧いてきた。

 余計なお世話(?)とは思いつつも、 “日本を代表する薄毛タレント”東国原英夫氏(58)に“魔法のドライヤー”の存在を伝えると、こんなコメントを寄せた。

「僕はこれまでパワーのあるドライヤーで熱風をガンガンあてて早めに乾かしていました。それが間違いだったんですね。ドライヤーを使い始めたのは20代後半。ちょうどそのころから抜け毛が増えてきたような気がします。そんな多機能ドライヤーがあるならもっと早く教えてほしかったですよ。もう僕では手遅れですかねぇ……」

“日本を代表する薄毛経営者”の孫正義・ソフトバンク社長は〈髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのだ〉という名言を残したが、ドライヤーも日々“前進”を続けているのだ。

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
阪神ボイヤーにファン「オイラはボイヤーで売り出したらええ」
ビーチで見つけた23才水着ギャル インナーちらりレイヤード
「ハゲが治る!?」と話題の新世代ドライヤーを試してみた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。