ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【転職したい!】専門スキルで誰かを支えるお仕事12選 ~現役先輩のクチコミつき~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今の仕事も悪くは無いけれど…どうせなら、もっと自分が『好き』って思えることを仕事にしたい!だけど…実際どんな仕事があるの?」今回は、自分の知識を教えたり、人の成長を手助けしたり、困難を解決することに充実感を感じる人。そんなアナタに目指してほしい職業をご紹介!

ホームヘルパー


高齢者の日常生活のケアをする

高齢者や身体に障がいがある人など、日常生活に手助けが必要な人の家を訪ね、介護。家事の手伝いなど、身の回りの世話をする。

●どんなサポートをする?

仕事は掃除、洗濯、調理などの家事のサポートや、食事や入浴などの介助。ときにはお年寄りの話し相手にもなる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

接客業でしたが、モノを売るより人との絆を大切にする仕事に転身したいと思うように。そんなとき、友達からすすめられたのが現職。(前職:接客業)

心理カウンセラー


心理学の技法で問題解決へ

さまざまなストレスで心の問題を抱える人に対し、心理学の技法で問題解決のサポートをする。対象は自閉症、対人恐怖などさまざま。

●どんなサポートをする?

一方的に助言などをするのではなく、心の問題を一緒に考え、本人が自分で解決していけるように導いていく。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

前職で、お客様の心も癒してあげたいと思ったのがきっかけ。私自身も常に安定した精神状態でいられる仕事だと感じました。(前職:エステティシャン)

コーチ(コーチング)

人がもつ可能性を引き出す

人の潜在能力を引き出し、目標達成をサポート。クライアントと対話を重ね、課題を引き出しながら自発的に行動が起こせるよう導く。

●どんなサポートをする?

クライアントは学生から企業の経営者まで幅広い。自分自身が気づかない魅力や能力を引き出す手助けをする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

人と接するのが好き。この気持ちが高じて、人の心をサポートする仕事をしてみたいと思うようになり、転身を決意しました。(前職:接客業)

キャリアカウンセラー

幸せな仕事人生へと導く

就職・転職の際、どんな仕事が合っているか、職業選択をサポート。希望を叶えるためのノウハウやキャリアアップの方法もアドバイス。

●どんなサポートをする?

今後のキャリアプランやワークスタイルに関する相談にも対応。仕事人生をより充実したものにする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

同僚や後輩から仕事の相談をされることが多かったのに、アドバイスできない自分が歯がゆくて。なんとかしようと思ったのが始まり。(前職・会社員)

社会福祉士

福祉に関する相談援助のプロ

心身の障害などで日常生活を送るのに支障がある人と、その家族の相談に対応。問題を解決できるよう、適切な助言と援助をする。

●どんなサポートをする?

相談者に対し、補助金制度や福祉施設などの情報を提供。それらを利用できるよう、関係者との連絡調整も行う。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

育児中に利用できる福祉サービスを調べていたとき、この職種を知りました。人生経験が活き、長く続けられる仕事だと思いました。(前職:専業主婦)

作業療法士

心と身体の回復の手助けをする

作業療法は、事故や病気などが原因で心身に障害を抱える人に行うリハビリ。園芸や手工芸などの「作業」により、回復の手助けをする。

●どんなサポートをする?

作業を通し、患者から前向きに頑張ろうという意欲を引き出す。精神面の安定をはかり、社会復帰・適応へと導く。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

福祉の本の中で、「障害者の社会参加の手助けをする仕事」と紹介されていて、心が惹かれました。素晴らしい仕事だなと思いました。(前職:学生)

柔道整復師

骨折などケガをした人を回復へ

日本古来の治療術を起源とする「柔道整復」の技術を用いて、健康づくりをサポート。整骨院や整形外科病院などで活躍する。

●どんなサポートをする?

打撲、ねんざ、骨折など、ケガの応急処置や施術を行い、回復へ導く。症状に応じて歩行訓練などリハビリもする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

手に職をつけて長く働きたいという思いがありました。頑張って国家資格を取れば一生モノの仕事になり、独立開業もできると決断。(前職:会社員)

司法書士

法律手続きの専門家

法務局や裁判所などに提出する書類作成や登記手続きなど、複雑な法律手続きを代行する。専門知識を活かして法律相談にも対応。

●どんなサポートをする?

会社の役員変更、事業用の土地の取得など、事業に登記手続きが必要となる場面は多く、司法書士の力が必要に。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

家庭と両立したいので、自宅で開業でき、専門性が高い仕事を探しました。企業と個人、幅広いクライアントの役に立てる点も魅力(前職:会社員)

行政書士

複雑な行政手続きを代行

会社を設立したり、飲食店を開業するときなど、役所などへ必要な書類を提出しなければならない。そうした複雑な手続きを代行する。

●どんなサポートをする?

許認可が必要な事業も多い。その手続きを代行し、事業スタートへと導く。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

人の役に立てる仕事で独立開業したいと思い、決断。自宅で独立開業が可能な点もポイントに。(前職:会社員)

社会保険労務士

企業の人事・労務を支える

従業員の健康保険や年金などの書類作成や役所への提出を代行。勤務時間など会社の就業規則や、福利厚生制度の作成にもかかわる。

●どんなサポートをする?

育児休業制度の作成、退職金の算出、事業展開のための助成金申請など、業務は幅広い。働く人と経営者を支える。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

前職の人事部での経験が活かせること。また、企業の労務・人事部への勤務や、独立開業など、自分らしい働き方もできると感じました。(前職:派遣社員)

税理士

税務・会計のサポートをする

企業や個人事業者の依頼で、法人税や事業税の申告などの税務業務を代行。決算書作成や資金繰りの助言など、重要な業務も手がける。

●どんなサポートをする?

忙しい経営者に代わって税務・会計業務を代行。税務の専門知識を活かして資産運用、経営戦略のアドバイスも。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

最初の就職先で経理部に配属され、数字を扱う業務は楽しいと思ったんです。自分に向いている仕事だと実感し、税理士を目指しました。(前職:会社員)

消費生活アドバイザー

消費者と企業を結ぶパイプ役

消費者からの商品、サービスに関する問合せや苦情に対応。そうした消費者の声を企業に伝え、サービス改善に反映させる。

●どんなサポートをする?

消費者の話を聞きながらニーズをつかみ、企業に伝える。これらは消費者のためになる商品の開発に役立てられる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

友人にすすめられて勉強を始めたんです。主婦の生活感覚や人生経験がフルに活きるので、長く続けられる仕事だと思いました。(前職:専業主婦)

毎日24時間のうち、1/2~1/3は仕事をしている時間と考えると、やっぱり自分が「好き」と思えることを仕事にしたいもの。

今回は、「専門スキルで誰かを支えるお仕事」を紹介しましたが、気になる職種は見つかりましたか?

たった一度の人生、自分が本当にやりたいことを仕事にできたらいいですよね!

構成/ケイコとマナブ編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【転職したい!】「先生」と呼ばれてみたいあなたへおススメのお仕事8選 ~現役先輩のクチコミつき~
【転職したい!】安定していて人に感謝されることにやりがいを感じられるお仕事10選 ~現役先輩のクチコミつき~
【転職したい!】キラキラした職場で働けて人に喜ばれるお仕事10選 ~現役先輩のクチコミつき~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP