ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八代亜紀、横浜ライブの模様がTOKYO MX開局20周年記念特番にて放送決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

八代亜紀が、2月29日に神奈川・MOTION BLUE YOKOHAMAにて「AKI YASHIRO 哀歌~Premium Night~」を開催。2回行われた公演のうち、第1回ステージの模様を3月31日にTOKYO MX 開局20周年記念特番としてこのステージの模様が放送されることを発表した。

同公演は、10月28日に発売された八代亜紀が初のブルースに挑むニューアルバム 「哀歌-aiuta-」の発売を記念して行われたもので、昨年11月17日のBLUE NOTE TOKYO、12月19日の国際フォーラム ホールCに続く、3度目となる再追加公演。ブルージーなサウンドの鳴るステージに煌めかしい黒いドレス姿の八代が拍手で迎え入れられると、サックスの音色を響かせ「St. Louis Blues」で幕を開ける。時に「イェイ!」とバンドメンバーを指差し楽器ごとの演奏を引き立てていく、息ぴったりなステージを作っていった。

「皆様こんばんは。哀歌~Premium Night~です。」と挨拶すると、「赤レンガは憧れだったの。港の見えるライブハウスが大好き。」と嬉しそうに語る。また「今日はテレビが入ってるの。皆様も映ります。顔出しNGの方は言ってね。」と笑いを誘いつつ、3月31日にTOKYO MX 開局20周年記念特番としてこのステージの模様が放送されることを発表した。

続いては日本の歌を、と「別れのブルース」をじっくりと聴かせ、軽快なリズムにのせた「フランチェスカの鐘」では観客も身体を揺らしていく。「皆さんついてきてますか?」と問いかけ、「今日はやさぐれた感じで」と始めた藤圭子カバーの「夢は夜ひらく」を、フルートの旋律の光るアレンジで魅了。盛大な拍手に包まれるステージで、「圭子ちゃん、イメージ変わった?」と天を仰いでみせた。

あっという間にライブも中盤に差し掛かると、続いては『哀歌-aiuta-』よりオリジナル曲を披露。「ちょうど横浜にピッタリな曲」として横山剣の提供曲「ネオンテトラ」をしっとりと歌い始める。自身を“代弁者”と称する八代の切なくも力強い熱唱に、息を呑むステージを繰り広げた。そしてどん底の悲しい歌をオーダーしたという中村 中の提供曲「命のブルース」を、時に荒々しいピアノアレンジに乗せ熱を帯びた歌声で届けると、ひときわ大きな拍手の中ステージを後にした。

そして真っ赤なドレス姿に着替えて登場すると、観客に手を差し伸べたり手拍子を煽ったりと「Fly Me to the Moon」で会場を再加熱していく。「ドレスは赤です。キレイ?80歳まで着るから。」と笑いを誘い、「ヒット曲いっていいかな?」と港町・横浜だからこそと「おんな港町」、さらに「雨の慕情」と大ヒット曲のブルースアレンジでたたみかける。手拍子に歓声にとお馴染みの楽曲を楽しむ観客に、軽快なビートにのった八代も「フゥ!」と嬉しそうに応えながら、一体感溢れるステージを繰り広げた。

その後「The House of the Rising Sun」をムードたっぷりに歌唱した八代は、「ショーはこれで終るの。もちろん、アンコールがあればやるけど?」と茶目っ気たっぷりに言ってみせると、ロバート・ジョンソンのカバーで自身の故郷にアレンジした「Sweet Home Kumamoto」を披露。鳴り止まない手拍子と「カモン!」のコール&レスポンス、そしてギターにピアノ、サックスと楽器パートを全身で楽しみながらこの日一番の笑顔を見せ、最後は一呼吸おいて「Sweet Home YOKOHAMA!」で大歓声に包まれた。

“予告通り”の盛大なアンコールに「ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えると、改めてバンドメンバーを愛称で紹介していく。そして「素敵な時間を、素敵な空間で、皆様と過ごせて本当に良かった。」と会場の隅々を見渡した。「横浜ですからジャズっぽくいきましょう!」と、静かに楽器を鳴らしライブを締めくくったのは「舟唄」。そのアンコをボーカルのみで魅了した八代は、ファンとの触れ合いを楽しみながら客席を抜け、感謝の言葉を繰り返し会場を後にする。全12曲のブルースサウンドを横浜に響かせたバンドメンバーにも盛大な拍手が送られると、惜しまれつつも幕を閉じた。

なお八代は伊東ミキオ(MIKIO TRIO)率いるニューバンドを結成し、6月よりコンサートツアー「八代亜紀 2016 AIUTA presented by 積水ハウス」を開催することも決定している。キーボード・伊東のほか、ギターに藤井一彦(THE GROOVERS)、ベースに中條卓(シアターブルック)、ドラムにサンコンJr.(ウルフルズ)、サックスに梅津和時と、名うてのミュージシャンが名を連ねる。「aiuta」から「AIUTA」へと成長し更なる深みを増す「哀歌」の世界を、ニューバンドとともに是非とも堪能してほしい。

【セットリスト】
1. St. Louis Blues
2. 別れのブルース
3. フランチェスカの鐘
4. 夢は夜ひらく
5. ネオンテトラ
6. 命のブルース
7. Fly Me to the Moon
8. おんな港町
9. 雨の慕情
10. The House of the Rising Sun
11. Sweet Home Kumamoto
(アンコール)
12. 舟唄

関連リンク

八代亜紀 日本コロムビア公式サイトhttp://columbia.jp/aki/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP