ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

病気にかかりにくいカラダになりたい!免疫力UPの食べ物とは?

  • ガジェット通信を≫


毎年この時期になると、インフルエンザや感染性胃腸炎が流行ります。職場や学校などで身近な人がかかったと聞くと、自分もうつってしまうのでは、と心配になりますね。

一歩先を行くインフルエンザや感染性胃腸炎の予防方法について、手洗いうがいほかにそもそも「病気にかかりにくい」できないのかな…と考えました。

そこで今回のテーマは、「免疫力」です。医師に詳しい話を聞きました。

大切なのは「免疫力」

体内に病原体が入らないように注意するのは大切です。

しかし、生活している以上どんなに気を付けても、原因菌やウイルスとまったく接触しない、ということは不可能でしょう。

ということは、病原体が入ってきても撃退するパワーを身につけておけば、より冬の感染症を効果的に予防できるということになります。

大切なのは「免疫力」なのです。

免疫は、私たちの身体に備わっている、異物の侵入に対して自分の身体を防御する働きのことです。これは大切な機能で、免疫が不十分になると普段かからないような病原体に感染し、時には命を落としてしまうことすらあります。

免疫力はどれくらい大事なの?

例えばこんなとき、風邪をひいてしまったということはありませんか?

・仕事や勉強が非常に忙しくて疲れ切っている

・寝不足

・食事が不規則

・ファストフードやインスタント食品が続いた

これは、身体の免疫力が低下したところに病原体が侵入したため、感染が成立してしまったのだと考えられます。

病原体が侵入しても免疫力が高ければ、感染せずに済むこともあります。

そこで、免疫力を高めるために効果的な行動例を挙げます。

・十分な休息をとる

・睡眠時間の確保

・ストレスの軽減

ただ現実には、なかなか理想通りにできない…という状況があるものです。そういう場合は、食べる物によって、免疫力を少しでも良い状態に保つようにする、という方法があります。

免疫力アップに効果的な食べ物とは?

食事で何より大切なのは、主食や肉、魚、卵や乳製品など、できるだけ多くの種類の食材をバランスよく食べることです。

そうしたうえで、さらに免疫力アップの食材として特におすすめなものを、ピックアップしました。

1.ショウガ

身体を温めてくれます。

ショウガを甘酒などに加えたり、ショウガ紅茶として暖かくして飲むのもいいでしょう。

2.ヨーグルトやオリゴ糖

腸内は免疫のかなめといえる場所です。

腸にいる腸内細菌の環境を整えることで、免疫力アップが期待できます。腸内環境を整えることは大切です。便秘で腸内に便が長い間溜っているのも良くないですから、水分や食物繊維も不足しないように摂取し、便秘を予防しましょう。

3.クエン酸など

疲れを強く感じるときは、レモンなどに含まれるクエン酸や鶏肉がいいでしょう。これらは疲労回復効果があるといわれています。

【医師からのアドバイス】

ここにあげたような「免疫力アップに効果的」といわれている食材を上手に取り入れ、病気知らずでいたいですね。

もちろん同時に、うがい、手洗い、マスクの着用も忘れないようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

腸に優しいだけじゃない!電子レンジで1分の超お手軽ヨーグルトダイエット
【世界エイズ・デー】改めて知っておこう。エイズってどんな病気?
幼児は脳炎になる恐れも…「ロタウイルス」にご用心!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP