ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「行燈」をTIME & STYLEが復刻! 新たな行燈をリデザイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全14型・24種の新たな照明

TIME & STYLEより、日本の伝統的な照明器具である「行燈」を現代の空間に合うよう解釈した、全14型・24種の新たな照明「andon」が発表されました。

「真のシンプルとは何か」を追求し生まれた本作。手漉きの美濃和紙や、香り豊かな国産杉、釘を一切使わず木材のみで組み上げていく職人の技術など、「行燈」本来の素材や構造を忠実に再現しながらも、細いフレームや美しい曲線がモダンな印象を生み出しています。

調光機能により、暖かく柔らかな色の灯りと、ほのかな暗がりの灯りを使い分けることも可能。現代の生活空間のための行燈です。

andon

素材:杉材、和紙

価格:6万8000円~

販売箇所:TIME & STYLE各店舗

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

こどものためのポップアップショップ「コド木工 × アクタス」が登場、ワークショップも
岡山セルヴィッチデニムを使用したソファ登場!
amabroがB品のリメイクプロダクトを販売! セレクト骨董品の販売も

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP