体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3/7付ビルボードジャパンチャートおよび2/22~2/28 RADIO ON AIR DATA発表

3/7付ビルボードジャパンチャートおよび2/22~2/28 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による3月7日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年2月22日〜2月28日)および2016年2月22日〜2月28日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

嵐「復活LOVE」、約50万枚を売り上げ、3部門で1位、ビルボード総合首位獲得

ストリーミング・サービスのNTTドコモ『dヒッツ』で30秒バージョンが初めて独占配信されたことを皮切りに、2月から様々なメディアで幅広く露出し、作詞竹内まりや、作編曲山下達郎の話題性も手伝って、シングルで約50万枚を売り上げて2位以下に大差をつけて総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。シングル1位は当然として、他データでもストリーミング、ルックアップ、Twitterでも1位となっており、コア・ファンを中心とした不動の人気に加え、2月からの展開効果が大きく出た結果だ。ジャニーズ勢のなかでもルックアップが強い嵐は、『dヒッツ』での第2弾キャンペーンもスタート、Twitterは3週連続1位と、盤石の態勢で次週以降もまだまだ各データで高ポイントを維持する見込み。

2月のBIGBANGが先陣を切る形で始まった韓国ボーイズ・グループ攻勢が依然として続いている。シングル・セールスでポイントを伸ばし、BTOB、超新星、U-KISS、Block Bと4グループが総合10位以内に初登場することとなった。またBIGBANGの「BANG BANG BANG」「FANTASTIC BABY」は3週連続で国内動画再生回数で1、2フィニッシュを決めており、韓国ボーイズ・グループの勢いに注目だ。

3月23日にシングル発売となる乃木坂「ハルジオンが咲く頃」のプロモーションがスタート、早くもTwitterで約5万ツイートをマークして2位となり、総合20位に初登場している。MVが今週解禁されるなど、露出展開がセールス開始前に拡大していくなかで、総合順位をこのまま上げていくのか、こちらも注目だ。

さユり『僕街』エンディング曲が、デジタルセールスで圧倒しアニメチャート初登場首位に

今週のビルボードアニメチャートは、さユりによる『僕だけがいない街』エンディング曲、「それは小さな光のような」が首位となった。

『僕だけがいない街』は三部けいによる漫画作品を原作とした話題のミステリー・アニメ。オープニング曲には、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Re:Re:」が使われている。指標別に見ると、同曲はCDセールスでは、アニメチャート2位の神谷浩史「Danger Heaven?」に首位を譲ったものの、デジタルセールスのポイントは圧倒的な1位に。さらにTwitterでも1位となり、ライト層への高い反響を感じさせるポイント構成となった。『僕街』は『おそ松さん』に続く2016年の話題作で、今後、そのアニメ本編とともにさらに楽曲の話題が拡がることも予想される注目曲だ。

今週はその他に新曲11曲が一挙初チャートイン。前述の神谷浩史「Danger Heaven?」は厚いファンの支持を受けCDセールスを積み上げ初登場2位。また、tacica「発熱」(今週5位)、Thinking Dogs「そんな君、こんな僕」(今週8位)なども健闘した。また、2016年3月2日発売のDOES「KNOW KNOW KNOW」も、デジタルセールスの先行で今週20位に入っている。

ロングヒット系では秦基博「ひまわりの約束」が4位に入り、80週目のチャートインを達成。また、乃木坂46「今、話したい誰かがいる」も6位に再浮上を果たし20週目のチャートインとなっている。

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ グラミー効果継続で洋楽チャート首位をキープ、リアーナが遂にTOP5圏内に

先週10か月ぶりに首位に返り咲いたマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で通算5週目の1位をマークした。

スーパーボウルでのパフォーマンスなど【グラミー賞】にむけて、徐々にポイントを伸ばしていたマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」。グラミー受賞を受けて、依然と好調なエアプレイ、デジタル・セールス、動画再生回数が、50週目のエントリーにして首位に輝く好結果をもたらした。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。