ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギレルモ・デル・トロの映画版『だれかが墓地からやってくる』、映画『LEGO(R)ムービー』の脚本家を起用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CBSフィルムズは、アルバン・シュワルツの古典3部作『だれかが墓地からやってくる』シリーズを基にギレルモ・デル・トロ監督が手掛ける映画の脚本家として、ダン・ハーゲマンとケヴィン・ハーゲマンを選んだ。

1981年の『だれかが墓地からやってくる』(『Scary Stories to Tell in the Dark(原題)』)、1984年の『More Scary Stories to Tell in the Dark(原題)』、そして1991年の『Scary Stories 3: More Tales to Chill Your Bones(原題)』で構成されるこの3部作は、民話や伝記を基にした短編から成り、ステファン・ギャメルによるイラストがついている。全世界で700万部以上販売された。

デル・トロは自身が監督することを視野に、映画を製作中だ。

もっと見る:ギレルモ・デル・トロ監督が映画版『だれかが墓地からやってくる』を製作中(英文)

当初はマーカス・ダンスタンとパトリック・メルトンがこのプロジェクトの脚本を担当し、続いてジョン・オーガストが草稿をまとめた。デル・トロはジェイソン・F・ブラウン、ショーン・ダニエル、そしてエリザベス・グレイヴと共にプロデュースする。

ハーゲマン兄弟は米ワーナー・ブラザースのアニメ映画『LEGO(R)ムービー』の脚本を執筆し、テレビアニメ『レゴ(R)ニンジャゴー』の映画化にも関わっている。彼らはCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、アンダーグラウンド、ヘンセン・ヤコブソンと代理人契約を結んでいる。

デル・トロ監督の最新作は映画『クリムゾン・ピーク』だ。彼はWME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と、マネージャーのゲイリー・アンガーが代理人を務めている。

このニュースは、Hollywood Reporterが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP