ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五郎丸「家族とゆっくり過ごせる」とSRでは豪チームを選択

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「夢の世界だった」──五郎丸歩選手(30才)は、オーストラリアの芝の上でノーサイドの笛を聞くと、こう感慨に浸った。五郎丸は現在、豪州のチーム「クイーンズランド・レッズ」の一員として、世界最高峰のリーグ「スーパーラグビー(以下、SR)」に参戦中。その初戦となる2月28日の試合で公式戦デビューを果たし、得意のキックで見事に初得点も記録した。

 2月上旬、五郎丸は単身、夏真っ盛りの豪州・ブリスベンに渡った。

「チームの本拠地があるここで家族4人での生活を始めています。到着直後はホテル暮らしでしたが、すぐに家族で住む家を見つけたようです。レッズとの契約はまず1シーズン、向こうへの滞在も約6か月。五郎丸は何より家族との時間を大切にしたいという思いが強く、家族と長い時間を過ごせるオーストラリアのチームを新天地に選んだんです」(スポーツ紙記者)

 実は、今シーズンから初めてSRに日本を本拠地にするチーム「サンウルブズ」が加わった。にもかかわらず、五郎丸が豪州のチームを選んだ理由は「家族」だった。

「五郎丸さんは男の子が2人の4人家族。上の子は小学校に入学する年齢で、下の子はまだ幼稚園に上がる前です。奥さんは学生時代からのつきあいで、吹石一恵さん似のすごい美人だと評判です」(ラグビー関係者)

  これまでの4年間は、日本代表の遠征や合宿、所属していた「ヤマハ発動機」のチーム合宿などで家を留守にすることが多く、家族と一緒に過ごす時間がほとんどとれなかった。五郎丸は下の子が生まれた時も日本代表の北米遠征中で、顔を見たのは生まれてから1週間後だったという。

「日本を拠点にしているとはいえ、サンウルブズに加入すると家族と過ごす時間がまた少なくなってしまうんです。練習拠点は今住んでいる静岡・磐田市から離れた東京で、自宅から通えないのでホテル暮らしをしなければならない。しかも、試合のために南半球の豪州や南アへ遠征するのにも時間がかかります。でも、豪州のレッズならば自宅からほど近いところに練習場があり、試合のための移動時間も短くて済みます。

 しかも、日本ほどメディアに追われることもありません。日本にいるときは“日本のラグビー界のために”という使命感から、貴重なオフの時間を潰してメディア対応をしていましたが、“ブリスベンに行けばオフの日は家族とゆっくり過ごせる。子供たちと一緒に遊べることが楽しみ”と話していました」(前出・記者)

 長男は地元ブリスベンの小学校へ通わせたいと話している五郎丸。見知らぬ土地での不自由な生活だが、それがかえって幼い子供たちにとってもいい経験になると考えているという。

「SRのシーズンである2月から8月まではブリスベンで生活し、その後については未定です。SRで目覚ましい活躍をすれば、レベルの高いヨーロッパのリーグのチームからオファーを受け、そちらに移籍するかもしれません。ただ、五郎丸は今もヤマハ発動機の社員であり、磐田の自宅もそのままのようです。9月には再び日本に拠点を戻して日本のトップリーグに出場する可能性も高い」(前出・記者)

 何よりも心強い家族という“援軍”を得て、ますます活躍が期待できそうだ。

※女性セブン 2016年3月17日号

【関連記事】
ラグビー代表・五郎丸 妻と長男の運動会での団らんショット
五郎丸 豪に出発前、休日に草野球する夢かなう
五郎丸歩 母校・早稲田大学で早大生が世界で活躍する術を伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP