ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元夫が逮捕で減収の清原亜希 息子の学費にためブランド設立

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月下旬の早朝7時、都心の清原亜希(46才)の自宅から出てきたのは彼女の兄だった。慣れた手つきで亜希の愛犬(ダックスフント)を散歩させている。

「今はお兄さんの手を借りるしかないようです。騒ぎになるので外に出るわけにいかず、家にこもっているそうです。あれから亜希さんの姿は一度も見ていませんから…」(同じマンション住人)

 元夫・清原和博容疑者(48才)が覚醒剤取締法違反で逮捕されてから1か月あまり。周囲から軒並み絶縁されているため、身元引受人がおらず保釈請求ができないと報じられてきたが、2月29日、高校野球の名門校である日本航空学園の梅沢重雄理事長が引受人に名乗りを上げた。清原自身、取り調べで薬物の使用状況についても素直に話し始めているといい、裁判が終わるまでの間、再び社会に出てくる日も遠くない。

 一方で、亜希と子供は清原の幻影に苦しみ続けている。

「彼の逮捕後、亜希さんのファッション誌の撮影がいくつかキャンセルされています。化粧品やアパレルメーカーとのタイアップ企画も白紙化したものがあり、雑誌のスポンサーの中には、『清原』という名前が表紙に載っている媒体への広告出稿に難色を示している所もある。ブランドイメージを悪化させるというのが理由です」(出版関係者)

 2人の息子は揃って都内の超名門私立学校に通っており、次男は小学4年生、長男(13才)は系列校の中学1年生。次男は都内の少年野球チームに所属し、高学年の試合にも出場するほどの腕前だが、父親の逮捕以降、毎週末の練習には参加していないという。

「亜希さんは毎週必ず息子さんの練習を見に来ていたくらい熱心なかただったのに、あれ以来、パッタリと…。まだ野球ができる状況じゃないんでしょう。チームの保護者たちも、気を使ってか、なかなか連絡できずにいます」(同じチームの保護者)

 長男の傷も深い。

「お父さんの逮捕後、学校に通うのもままならないんです。上のお兄ちゃんは年頃ですし、真面目で非常に繊細なタイプなので心配です。亜希さんも非常に悩んでいて、転校させることも視野に入れているそうです」(亜希の知人)

 一部報道によれば、将来的には海外の系列校に転校させるつもりだという。

「ただ、そうなると経済的な負担は今以上です。海外の系列校の初年度の学費は550万円。加えて生活費もかかる。モデル業は制限されるし1本100万円といわれる講演会も従来通りにはできていませんから、簡単に決められる話ではありません」(前出・亜希の知人)

 亜希は清原との離婚時、慰謝料を諦めた代わりに、「養育費債権」という奥の手を使っている。離婚前に暮らしていた高級マンションの抵当権を息子2人に設定し、マンション売却時のお金から養育費を回収する方法だ。昨年9月、清原はこのマンションを2億3800万円で売却しており、うち8300万円が息子2人の養育費に回ったが、海外で母子3人の暮らしを続けるにはそれでも心許ない。

「亜希さんはこのほど、『AK+1』という自身の新ブランドを立ち上げました。今後ファッショングッズを販売していく予定で、売れた分だけ亜希さんにもロイヤリティーが入る。この時期に立ち上げる不安も大きかったと思いますが、一刻も早く経済的な不安を打開したいという目的もあったんだと思います」

 2月29日、亜希はブログにこう書いた。《四年に一度の日気を引き締めていきたいです。朝が来ることに感謝…》。明けない夜はない。再び太陽が昇る日を彼女は待ち望んでいる。

※女性セブン 2016年3月17日号

【関連記事】
薬物疑惑報道の清原和博 妻・亜希さんがやつれていたとの声
清原和博氏の妻 「ああいう見た目だけど、根は優しい人」
慰謝料なし離婚 シングルマザー・清原亜希を支える男性とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP