体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこかユルい…がそこがいい!江戸時代の禅僧「白隠」の描いた禅画まとめ15選

白隠 慧鶴(はくいん えかく 1686-1769)は江戸中期の禅僧。禅の教えを絵で描き、多数の作品を残したことでも知られています。

白隠の作品といえば達磨を描いた作品が比較的有名のようですが、今回は白隠が描いた禅画の中でも特にユニークで、さらにゆるくてかわいらしい作品を中心にまとめてみました。

禅画といえば以前Japaaanで紹介した、江戸時代の僧侶であり絵師でもあった仙厓義梵(せんがい ぎぼん)のゆるふわ禅画もぶっ飛んでますので合わせてぜひご覧ください。

可愛いすぎて病みつきだ!江戸時代の絵師 仙厓義梵のゆるふわ日本画コレクション

どこかユルい…がそこがいい!江戸時代の禅僧「白隠」の描いた禅画まとめ15選仙厓義梵…

法具変妖之図(部分)

[画像を拡大]

まさに妖怪。なんなのこれ。法具が変化して妖怪になったものを描いた作品のようです。

出典:いづつやの文化記号

 

半身達磨像

[画像を拡大]

右側を向いている横顔はちょっとめずらしい。

出典:いづつやの文化記号

 

隠れてネズミの相撲を見物

[画像を拡大]

優しげな微笑みながら痩せたネズミの相撲を見守る太った僧。風呂敷の中に隠れているそうです。

出典:MikSの浅横日記:So-net blog

 

布袋解開

[画像を拡大]

ちょっとやらしい笑い方の布袋様。神様なのに妙に世俗的なお顔です。

出典:『白隠展 HAKUIN 禅画に込めたメッセージ@Bunkamura』なのだ – どるち & えこう の 『美術館・博物館めぐり』 & 『美味しいもの』日記なのだ

 

一富士二鷹三茄子

[画像を拡大]

かなりミニマルな一富士二鷹三茄子。鷹は羽根を2枚重ねて表現しています。

出典:どるち & えこう の 『美術館・博物館めぐり』 & 『美味しいもの』日記なのだ

 

蓮池観音図

[画像を拡大]

蓮池観音図(れんちかんのんず)

慈しみに満ちた眼差しの観音様。泥の池と清らかな蓮の花は、煩悩と悟りを象徴しています。白隠、83歳の作品。

出典:文化遺産データベース

 

達磨図(白隠慧鶴筆)

[画像を拡大]
1 2次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。