ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「疎開先からランドセルで食料を持ち帰った」 敬老の日に戦争体験者が語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「爆風で座敷から工場まで吹き飛ばされた」という穐山さん

 「敬老の日」の2011年9月19日、ニコニコ生放送では敬老の日特別番組「R75~次世代へのたすき~」が放送された。番組では、”R75″世代を代表して4人のゲストが招かれ、戦争体験や高度経済成長期の思い出を語った。司会の角谷浩一氏から、戦争体験について聞かれた穐山和子さん(75歳)は、疎開先から「ランドセルにお餅やお米を入れて帰った」とき、「東京の空襲で、座敷から自宅にあった工場の台の下まで、爆風で飛ばされた」という経験を語った。

 1936(昭和11)年生まれで太平洋戦争中まだ幼かったという穐山さんは、栃木県に疎開していた。そこが山奥だっただけに、防空壕はあったものの危機感を抱くまでには至らなかったという。「空襲があっても、そこに布団とラジオを持ちこんで、(戦争という)実感がなくて、遊んでいるようだった」と、当時を振り返る。そんな穐山さんが一度東京に戻ったときのことだ。

「ランドセルのなかに、お餅とお米をいれて背負ってきたんです。途中の検閲では、ランドセルは絶対に開けないで、『(中身は)教科書です!』で、通して持ってくるように言われて。それを母に届けに帰りました」

 食料の不足している時代、家族のために疎開先から食べ物を持ち帰った。こうして、久しぶりに家族との団らんを過ごした穐山さんは、その夜、空襲に遭う。

「近くに爆弾が落ちたんです。みんなすぐ防空壕に避難したんですけど、私は田舎からきたもんで、家族も忘れちゃってたんですよね。私が来てるってことを・・・。近くに爆弾が落ちて、爆風で飛ばされて。私のうちは家の中に工場があったんですが、座敷から工場の台の下へ吹き飛ばされて、泣いてました」

戦争中の東京は恐ろしいところだと、すぐに栃木への疎開を再開したという。

 番組に出演した老人たちはまた、戦後で物のない時代を過ごし、日本の高度経済成長を核となって支え、バブル経済の栄華と崩壊も体験した。そんな人生を送ってきたお年寄りの一人で「ジョン・レノンと同じ年」という金濱靖子さん(71歳)は番組の終盤、ニコニコ生放送を視聴する若者に向けたメッセージを読み上げた。

「わたくしが過ごしてきた時代は、そのときどき、夢中で一日を生きてきました。今のみなさんは、とても恵まれています。みんな一緒じゃなくていいんです。自分がしたいことに夢中になってください。あきらめずに、のんびり、ゆっくりと、笑顔で前を向いて、一日一日を大切に生きてほしいと思います。明日に向かって、Going my way」

このメッセージには視聴者から「ありがとうございます!」「心に染みるな」「頑張ります」といったコメントが寄せられた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]穐山さんの東京での空襲体験から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63891631?po=news&ref=news#24:15
・[ニコニコ生放送]視聴者へのメッセージから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63891631?po=news&ref=news#1:16:05

ハギワラマサヒト

【関連記事】
福島原発行動隊、原発を視察 メンバーからは報告に「幻滅した」の声
京大・小出助教、放射能汚染食品は「世代で分担して食べるしかない」
田原総一朗×津田大介×学生たち 「次世代ジャーナリズム」論で激突 全文書き起こし
放射線下の作業は「年寄りの暇つぶしに限る」 暴発阻止行動隊、語る
福島原発「若い世代にかわってワシらが働く」 シニア行動隊の訴えに政府が動いた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。