ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

濃厚豚骨魚介スープとモチモチ麺がクセになる「特製中華そば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月1日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、味と値段で評判のこだわり直営店を特集。「麺彩房・中野本店」(東京都中野区)を坂田陽子さんが訪れた。

JR中野駅から徒歩10分程の所にある同店は、製麺所が直営しているラーメン店です。一番人気の「つけそば」は、弾力のある極太ストレート麺で食べ応えのある一品です。

坂田陽子さんが頂いたのは、「特製中華そば」。麺はスープに良く絡む中太麺を使用。濃厚の豚骨魚介スープは、2日掛けてつくるそうだ。1日目は、「げん骨」「豚足」など7種類を使用し5時間煮込む。2日目は「鶏ガラ」「サバ節」などを入れて更に5時間煮込む。最後に味の濃さをチェックし、醤油ダレと合わせることで完成。

一口頂いた坂田さんは「モチモチで弾むような弾力があり、噛むうちに麺の風味が広がって、濃厚スープと相性抜群です!」と絶賛した。

また同店は、毎週月曜日だけ「うどん店」として営業している。「釜玉うどん」「肉汁うどん」「かき揚げうどん」などが味わえる。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:麺彩房(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:中野×ラーメン・つけ麺のお店一覧
パンの中にアツアツのグラタン! 「グラパン」
メニュー豊富な下町のレストラン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP