ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹久夢二の"カワイイ"を満喫!大正ロマンあふれる「大正時代のかわいい」展が開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今から100年も前の大正時代に画家・竹久夢二が作り出した世界は、乙女という言葉がぴったり。夢二が発信した「かわいい」は「カワイイ」「Kawaii」になって海を渡り、世界中からも注目されています。

東京・本郷の竹久夢二美術館で、夢二の作品の中から「かわいい」という視点にフォーカスした、初の展覧会が開催されます。「100年前に夢二が発信♡大正時代の「かわいい」展-乙女がときめくデザイン&イラストを中心に-」では、紙小物、和装小物、叙情画、少女雑誌、絵本などなど、厳選した夢二の「かわいい」作品250点を展示。乙女心にどストライクなデザインやイラストがいっぱいです。

大正時代に活躍した夢二は、現代の私たちが観ても「かわいい」と思う作品を多数残していますが、その捉え方は現代とは少々異なっていたようです。本展では、時代背景を読み解きながら、夢二画に込められた「かわいい」の真意に迫ります。

竹久夢二は自身でデザインした小物を“かあいい”という言葉で紹介し、画家として、デザイナーとして活躍した、大正ロマンの象徴とも言える存在。100年前の”かわいい”は、今も変わらず乙女心をくすぐります。楽譜の表紙や千代紙のデザインはテキスタイルにしてもよさそう。

“かわいい”は永久不滅です。

100年前に夢二が発信♡大正時代の「かわいい」展-乙女がときめくデザイン&イラストを中心に-
会場:竹久夢二美術館 東京都文京区弥生2-4-2
会期:2016年3月31日(木)〜6月26日(日)
休館日:月曜(ただし4/19〜5/8は無休)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料:一般 ¥900、大・高生¥800、中・小学生¥400 ※弥生美術館と2館併せて観覧可能
弥生美術館・竹久夢二美術館
次回の展覧会

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

きゃきゃきゃわいぃ〜!唐草模様に豆絞り…猫用の可愛いかぶりもの「ねこ泥棒」
本日6月26日からヒカリエで開催!手ぬぐい展「88てぬぐいワンダーマーケット」
Kawaii x 日本の伝統美術な展覧会「Kawaii 日本美術」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP