ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

残業や飲み会の後にふらっと行きたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「今日は外で旨いものを食おう」そう心に決めたはいいものの、一日の仕事を終えたのはもう夜中…。ビジネスマンあるあるですね。自然と店の選択肢は限られるわけですが、さりとて妥協はしたくないと考えるアナタにおすすめ。深夜0時過ぎでもOKな滋味系・激辛系・軽食系のメニューが味わえる3つのお店を紹介します。

【もっと大きな画像や図表を見る】

滋●24時間いつでも栄養補給。滋味深いスープが染みる!
赤坂・赤坂一龍 別館

疲れた体に染み入るような、そんな滋味のある料理が食べたい。それも焼肉みたいなギットリ系でなく、やさしい味のものを…。そんな時には赤坂一龍の「雪濃湯(ソルロンタン)」をおすすめします。牛骨とほほ肉から煮出したスープに、具としてのほほ肉、春雨、ネギが入っており、味付けはテーブルに備えられた塩味とコショウで自分好みに調節して食べるスタイル。白濁スープなのに、こってり感はなく、あくまであっさり。飲んだ後の締めにもピッタリの一品です。

場所:港区赤坂2-13-17(地下鉄赤坂駅 徒歩3分)
電話:03-3582-7008
営業:24時間
休:無

辛●深夜の汗だくデトックス。激辛トウガラシ料理で覚醒!
新宿・赤ちり亭 新宿店

深夜に突然、辛い料理が食べたくなることってありますよね。そんな時には名前からして「辛さ」を連想させるこの店で“辛欲”を満たしてはいかが? 丸鶏と野菜を48時間煮込んで作ったスープで作る名物「赤ちり鍋」は、辛さはもちろん、味の深みも抜群。追加の激辛粉で眠気も吹っ飛びます!

場所:新宿区西新宿1-16-4フジビル2 6F(JR・地下鉄新宿駅西口 徒歩3分)
電話:03-3347-1415
営業:水~土・祝前日16~翌5時、月火日16~24時(L.Oは閉店1時間前)
休:第2、第3月曜日※詳細はHPにて

軽●社会人の軽食・お土産に! 深夜に食す本格肉まん
銀座・ギンザマン

飲食スペースは店先の小さなベンチのみ。テイクアウトに特化したこちらの店では、本格的な中華まんを夜中も提供中。数あるメニューのなかでも一押しは、エビのダシが効いたウズラの玉子が口の中ではじけるギンザマンです。深夜の小腹を満たすこのメニュー、自分で食べるのはもちろん、夜遅くまで働く同僚への差し入れにも「いいね」!

場所:東京都中央区銀座8-5-24(JR新橋駅銀座口徒歩5分)
電話:03-6218-0345
営業:平日17:00~翌3:00、土16:30~21:00
休:日・祝祭日

滋・辛・軽。それぞれ個性的なメニューが味わえる3店舗、なんならハシゴしてみちゃう?
(取材・文=宇都宮雅之)
(R25編集部)

残業や飲み会の後にふらっと行きたいはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

連載「有名人推薦!癒しの深夜めし」の記事一覧
地酒と合う、新宿・裏路地の角煮丼
加藤浩次、深夜にラムしゃぶ舌鼓
雑居ビルに!?ネオン街の激ウマ麻婆
焼魚炒飯がワインに合うby宮本亜門

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP