ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鬼龍院翔「今日は革命の日です」YOSHIKI × 金爆の対談実現、YOSHIKIがピアノで即興の「女々しくて」披露も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動画サービス「niconico」のニコニコチャンネル内『YOSHIKI CHANNEL』にて、2月29日に「YOSHIKI CHANNEL YOSHIKI×ゴールデンボンバー伝説対談SP ~金爆緊急生出演~」が放送された。

番組冒頭、YOSHIKIが登場すると「きたーーーー」、「今日は早い!」、「XXXXX」というコメントが殺到、画面を埋め尽くして大盛り上がりで番組はスタート。

トークテーマ”YOSHIKIさんの本音聞きたくて”では、楽器を弾かないエアーバンドというスタイルについて、「最初ライブを観た時は、アリだなと思った。僕らが学ぶことが沢山あると思った。僕らも昔、お客さんを驚かせようと、ライブハウスで網を落としてお客さんを捕まえようとしたことがある。しらけちゃったけど(笑)」と、意外にもゴールデンボンバーに親近感を感じていることがわかった。

さらに、「僕ら(X JAPAN)も面白いことがしたかったから、出始めの頃、バンドコンテストでローディーに血糊を吐かせたりしていた。審査員から酷評されたけど手応えを感じた。その後、HIDEが軌道修正をさせてきた」と、ファンが喜ぶこぼれ話も。それを受けて、鬼龍院は「今日は革命の日です。世間とか他のバンドから風当たりが強いこともあったので、今日YOSHIKIさんに褒めていただけて、風向きが変わりそう(笑)」と恐縮して語った。

その後の企画では、YOSHIKIが即興で「女々しくて」をピアノで披露、エアドラマー樽美酒研二との「太鼓の達人」対決では1回しかミスをせず大差をつけてYOSHIKIが圧勝するなど、ニコ生でしか観られないようなレアな場面が続く。締めの感想では、「今度必ずライブを観に行く」とのYOSHIKIの言葉に、「スケジュールが合わなかったら、プライベートでもライブをやります」と鬼龍院。交流を深めた様子だった。

番組後半のYOSHIKI CHANNEL会員限定放送では、SEXX GEORGEとDIR EN GREYのShinyaに加え、globeのマークパンサーがサプライズ出演。

出演者全員でワインを飲みつつ、「DEPARTURE」(globe)、「ゆらめき」(DIR EN GREY)、「Silent Jealousy」(X・後のX JAPAN)、「Cage」(DIR EN GREY)をYOSHIKIがピアノで披露、Shinyaも「今日は眠れないですね」と心酔した様子だった。

 酔いも進み、YOSHIKIが「次の放送」を「次の試合」と言い間違えるオチャメな場面もありつつ、気になる病気療養中のPATAの話へ。「PATAの件があって、X JAPANはリセットというか充電期間になっている。彼は限りなく順調に回復に向かっています」と近況を語った。今後のX JAPANについては、「サミットやらないといけないね。”X”弾幕でサーバーが落ちたら復活してやる(笑)」と”X”の手のポーズでコメントを煽り、今後について気丈に語った。

その後、激辛ポテトチップスを食べて退出した足で、YOSHIKIとパークがローソンに買い出しに行くというゲリラ的な生中継も行われ、ちょうど販売開始となったばかりの『X JAPANくじ』に2人で挑戦するなど、ニコ生ならではの台本を逸脱した放送が続き、最後はX JAPANの名曲「ENDLESS RAIN」のピアノ演奏で感動のうちにエンディング。ゴールデンボンバーとの初共演、ドラム・ピアノ生披露など、充実したまさに伝説の夜となり、20万人以上の視聴数の放送となった。

関連リンク

YOSHIKI Official Sitehttp://www.yoshiki.net/
YOSHIKI Official Twitterhttp://www.twitter.com/yoshikiofficial
YOSHIKI Official Facebookhttp://www.facebook.com/YoshikiOfficial
YOSHIKI Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/yoshikiofficial
■YOSHIKI Official LINE Account:@yoshiki
■YOSHIKI Official Mobile Sitehttp://www.yoshiki-mobile.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP