ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『パシフィック・リム』続編、ドラマシリーズ『デアデビル』のスティーヴン・S・デナイトが監督に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レジェンダリー・ピクチャーズは、映画『パシフィック・リム』の続編となる映画『Pacific Rim 2(原題)』の製作を進めている。テレビシリーズ『スパルタカス』の創作者であり、マーベル作品をもとにしたドラマシリーズ『デアデビル』のショーランナー(番組責任者)を務めたスティーヴン・S・デナイトが監督する。

続編『Pacific Rim 2(原題)』は2017年に公開予定として進んでいたが、昨年9月依頼、製作が保留となっていた。2013年公開の映画『パシフィック・リム』を監督したギレルモ・デル・トロは、2014年に、続編を製作することと、プロデューサーとしてトーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレントと共に続編の製作に戻って来ることを確約していた。続編は、ジリアン・シェアがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める予定だ。

続編『Pacific Rim 2(原題)』は、デナイトにとって初の長編映画監督作品となる。デナイトは、Netflix(ネットフリックス)で配信されたマーベル作品をもとにしたドラマシリーズ『デアデビル』でエグゼクティヴ・プロデューサーと脚本を担当し、2010年から2013年にかけて放送された米ケーブルテレビ局スターズのテレビシリーズ『スパルタカス』には創作者として参加した。また、テレビドラマ『バフィー~恋する十字架~』、テレビドラマ『エンジェル』、テレビドラマ『ヤング・スーパーマン』にも参加している。

映画『プロメテウス』の脚本を手掛けたジョン・スペイツが、続編の脚本を執筆中だ。

『パシフィック・リム』に出演したチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキーが続編でも同じ役を演じるのかどうかは、未だに明らかになっていない。

『パシフィック・リム』は2020年を舞台とし、地球の人類はイェーガーと呼ばれる兵器を操り、太平洋の地下にある異次元世界の入り口から現れたモンスターたちと闘うというストーリーだ。

2013年に米ワーナー・ブラザースによって公開された同作は、製作費1億9000万ドルに対し、米国内での興行収入は1億100万ドルであったが、全世界での興行総収入は3億1000万ドルという良好な成績となり、中国国内だけで1億1400万ドルに達した。

レジェンダリー・ピクチャーズは2013年に、続編について、米ワーナー・ブラザースとの共同プロデュースおよび共同出資の契約を締結し、米ユニバーサル・ピクチャーズとも、映画『ジュラシック・ワールド』、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』、映画『クリムゾン・ピーク』、映画『スティーブ・ジョブズ』の製作費を折半するという同様の動きを始めた。

デナイトとスペイツは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。サークル・オブ・コンフュージョンがスペイツのマネージメントを行っている。

デナイトが『Pacific Rim 2(原題)』を監督するというニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP