ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

裏表のある義母の態度に涙。でも子どもにパワーをもらい、同居解消に向け行動開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠中に主人の転勤が決まり、その場所が主人の実家の近くだったため、お義母さんとの同居が始まることになりました。

今までは年に数回会う程度、余り長時間共に過ごしたことはありませんでしたが、孫も生まれるということで喜んでいましたし、上手く助け合いながら生活・子育てができたらよいかなと思いました。

ですが、私の考えは甘かったのです。

出産予定日の2ヶ月前に引っ越しをし、とりあえず自分の実家のそばの病院で里帰り出産

実家に産後1ヶ月ほどお世話になり、義母との同居生活開始。

実家で何でもやってもらっていたから、その落差に慣れてしまったのかと思いましたがお義母さんは全く何もしてくれません。

どちらかというと私を家政婦か何かだと思っているような雰囲気で、掃除も洗濯も家事も率先してやることはありません。

初めての育児で長時間子供を抱っこしていることもありますし、夜中の授乳ももちろんあるしでクタクタなのですが、そんなことは関係ないようです。

「ご飯はまだか?」

「こんなメニューじゃ○○(主人のこと)が可哀そう」

「埃が落ちている、赤ちゃんがいるのに可哀そうだ」

毎日毎日八つ当たりかと思うような言葉を並べられ、それでも最初は上手くやろうと頑張りましたが、子供の気分とタイミング次第なのでこなせるわけがありません。

けれど、主人が帰ってくると手のひらを返したようにいい人ぶり、近所でもいい人ぶっているので、私が文句を言ったところでどうにもならないかもしれないという状況でした。

苦しくて…悔しくて…悲しくて…自分の部屋でよく泣いていました。

子供に、

「こんなママでごめんね…」

と言いながら。

子供と一緒にいると、

「でも頑張らなくては!」

という気持ちが時々湧いてきます。

子供のエネルギーとパワーはすごいです。

主人に話をしました。

最初は嫌な顔もされましたし、半信半疑。

卑怯かと思いましたがボイスレコーダーで録音した音声も聞かせました。

主人もやっと理解をしてくれました。

精神的なストレスは人によって感じ方も違うと思います。

何が良くて何が悪いのか、大目にみなくてはいけないこともあるだろうと思います。

でも限界…そう感じた私は、結局同居を解消することができました。

今は心穏やかに家族3人で暮らしています。

著者:ぴょんまま

年齢:33歳

子どもの年齢:1歳5ヶ月

子供が歩くようになってから急に公園などに行く機会が増えました。風を感じたり、季節の花を見たり、池の魚を見たり… 最近忘れかけていた懐かしい記憶がよみがえってきます!これからも自然を感じる生活をしていきたいな。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

何も出来なかった私が変わった!大切な家族の笑顔のため、いろいろなことに挑戦中
「この子の為に頑張ろう」 ボロボロになるまで読んだ育児書を片手に、新米ママの決意表明
2歳差姉妹の育児にイライラ…長女はストレスで夜中に叫ぶような寝言を言うように…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP