ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「一度で使い切れない・・・」余ったハーブは、こうして有効活用!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

香りをつけたり、食材の臭みを消したり、飾ったりと、お料理には欠かせないハーブ類。でも、一度に使う量は少量だし、使用頻度は低いし、思い出したときには冷蔵庫の片隅でかぴかぴになっていた……。

そんな経験をしたことある人も少なくないのでは? ここでは、一度では使い切れなかったハーブを簡単かつお手軽に保存する方法をレクチャーします。覚えておいて、ソンはないですよ!

時短料理にも最適!
ハーブオイルのキューブ

まず、製氷皿を用意します。余ったハーブを適当な大きさに切って入れ、ひたひたにオリーブオイルを注いだら、冷凍庫で凍らせるだけ。

使うときは、凍ったまま肉・魚のグリルやパスタに使ったり、解凍してピザに塗ったりと用途はいろいろ。ハーブと一緒にニンニクを入れておけば、時短料理にも使えそうですね。

ちなみに、オイルはココナッツオイルでもOK。その場合、22度以下で固まるので冷凍庫でなくても、冷蔵庫保存が可能ですよ。

味も見た目も◎
ハーブバター

オイル同様、肉・魚のグリルにのせるほか、ディップにようにして食べたり、トーストに塗ったり、いろいろ使えるハーブバター。見た目もオシャレなので、パーティーにもぴったりです。

作り方もとっても簡単。室温に戻したバターにフレッシュハーブのみじん切りを混ぜ、再度固めるだけ。冷蔵保存の場合、3~4日を目安に、長くても1週間以内に食べきることも忘れずに。

すぐに使わないなら、約1カ月間保存できる冷凍がおすすめ。ラップやアルミホイルで巻いて棒状にしておくと、使いたい分だけ切って使えるので便利ですよ。

ハーブの基本の「き」
どれをどの料理に使えばいいの?

最初はレシピ通りに作ろうと揃えてみたけれど、その後余ったものをどんなお料理に使えばいいのか、悩んでしまう人もいるのでは。ラストはお料理ごとに相性のよいハーブたちをご紹介します。

■肉料理…セージ、タイム、オレガノ、パセリ、ローズマリー、ローレルなど
■魚料理…タイム、ディル、パセリ、フェンネル、レモンタイムなど
■卵料理…コリアンダー、チャービル、チャイブ、ディル、バジル、パセリなど
■野菜料理…タイム、チャイブ、ディル、バジル、パセリ、ローズマリーなど

オイルやバターと一緒に保存すれば、余ったハーブを救済できるうえに、お料理の効率UPも図れていいことづくめ。ハーブは鮮度が命なので、早めの保存を忘れずに!

Q.作ってみるなら?
・ハーブオイルのキューブ・ハーブバター・どっちも!

 

関連記事リンク(外部サイト)

「困ったな…」を地域で解決!WEBサービス「エニタイムズ」が便利そう
「重たい布団」で寝た方が、快眠できる【米・研究結果】
シルエットが愛しい!観葉植物「ウッドトピアリー」って知ってる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP