ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRヘッドセットで見ながらリコー製VRカメラ「THETA S」を操作できるAndroidアプリ「ハコスコカメラ」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハコスコは 2 月 29 日、リコーの全天球 VR カメラ「THETA S」に対応した VR カメラアプリ「ハコスコカメラ」をリリースしました。「ハコスコカメラ」は、頭部に装着した VR ヘッドセットのスマートフォン画面を見ながら、THETA S の操作を行えるアプリです。全天球パノラマ映像で THETA S を操作することができます。リコーが提供している THETA S の公式アプリは、THETA S とスマートフォンのペアリング、スマートフォンの撮影が行えますが、リアルタイムでプレビューすることはできません。それを可能にして、さらに VR 視聴できるのが「ハコスコカメラ」になります。ハコスコカメラでは、デフォルト横型 UI を採用しており、THETA S で映しているプレビュー映像をスマートフォンで視聴できます。また、VR ヘッドセット用に 2 画面表示にする機能、ヘッドトラッキング情報を基にしたアイコン操作にも対応。ほかにも、THETA S に保存されている動画を再生する機能もあります。「ハコスコカメラ」(Google Play ストア)

■関連記事
Huawei P9の新たなリーク写真が公開
NTTドコモ、「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」「Xperia Z5 Premium」のAndroid 6.0アップデートを開始
Pebble、Pebble TimeとPebble Time Roundを$50値下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。