ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』のディレクターズカット版DVDはR指定に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』のDVDは、さらに刺激的な内容となるだろう。

2月24日(現地時間)に公表された全米映画協会(MPAA)によるレイティングで、近々公開予定のこの映画のディレクターズカット版はR指定を受けた。

「アルティメット・エディション」と名付けられたこの作品は、3月25日公開予定の、PG-13指定となっている劇場版の内容とは異なる。映画公開後にブルーレイが発売予定の「アルティメット・エディション」は、より暴力的なシーンが含まれており、R指定を受けることとなった。

監督のザック・スナイダーは、自身の作品をブルーレイでリリースする際に、より内容を過激にすることで知られている。スナイダーが監督した映画『ウォッチメン』は、2009年に公開された劇場版よりも、家庭版ではさらにゾッとするような内容となって発売された。

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』は、今年初めてPG-13指定となったスーパーヒーロー作品ではない。大ヒット中のアクション映画『デッドプール』で主役のデッドプールを務めたライアン・レイノルズは、暴力的なアクションと言葉遣いを全編にわたって披露している。R指定の作品にもかかわらず、『デッドプール』は2月12日(現地時間)の公開初週末で1億5220万ドルもの興行収入を記録した。

2013年に公開された映画『ウルヴァリン:SAMURAI』もブルーレイではレイティングを受けていない。

2013年に公開されたスーパーマンの映画『マン・オブ・スティール』は戦闘シーンが含まれ、PG-13指定となった。映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』がブルーレイ化された時には、我々はヘンリー・カヴィルとベン・アフレック演じる2人のスーパーヒーローが繰り広げる、より破壊的な打撃の応酬を期待できるだろう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP