ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニーズJr.岸優太「中島健人くんのさりげなさ盗む」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 強引でドSな“黒悪魔”黒崎晴人をSexy Zoneの中島健人(21才)が演じることで話題となっている映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2月27日より全国ロードショー)で中島と共演しているのがジャニーズJr.の岸優太(20才)だ。黒崎くんのクラスメイトで、なんでもポジティブに考えることのできるクラスのムードメーカー・梶祐介を演じている。

 2013年ドラマ『仮面ティーチャー』(日本テレビ系)で俳優デビューを果たした岸。昨年放送された『お兄ちゃん、ガチャ』(同)では、ドラマ初主演を務めた。これまで映画2作品、ドラマ4作品に出演し、ジャニーズJr.として順調にスキルを積んできている岸だが、最初は何もかも手探り状態だったという。

「初めてオーディションを受けたのが『仮面ティーチャー』だったんです。もう最悪で、思い出すのも嫌なくらいダメダメだったんですよ。台本読んでも役柄が理解できなくて、気持ちを入れることさえできないんです。台本の中の漢字が読めなかったこともあって、本当に恥ずかしかったですね」(岸、以下「」内同)

 そんなとき手助けをしてくれたのが、共演者の藤ヶ谷太輔(28才、Kis-My-Ft2)と菊池風磨(20才、Sexy Zone)だったという。

「出演が決まっても不安で仕方なかったんですけど、藤ヶ谷くんと風磨くんが一緒だったこともあり、いろんなことを教わりました。そこで映像のお仕事の楽しさを教えてもらったような気がします」

 現場を重ねるたびに、俳優として演じることが楽しくなってきたという。今回の役柄は「テンションの高い役」と監督に言われ、とりあえず自分の中で考えた梶祐介像をぶつけた。

「早朝からそのシーンを撮ることが多かったんですけど、なかなか梶のテンションに追いつかなくて…。自分なりに気合を入れてやったんですが、演技になると力みすぎてしまうみたいで…。監督に“本読みだといいのにね”って言われちゃうこともあって。難しいですよね。でも、監督からの言葉はありがたく受け止めて、全部吸収していこうと思いました」

 今回の映画で初めて中島健人と共演し、学ぶことが多かったという。

「スタッフさんに対する気配りを見て、もっと健人くんからいろんなことを吸収したいな…って思いました。差し入れをするタイミングも絶妙なんですよ。だから“どういうときにするんですか?”って聞いたら“深く考えないで、自分が差し入れしたいな…って思ったときにすればいいんだよ”って。そのさりげなさを身につけていきたいと思います。差し入れするものも重要ですよね! 差し入れに最適なお菓子みたいなものも、覚えていきたいと思います。

 ちょっと違うんですが、よく事務所の先輩におすすめのお店に連れて行ってもらうんです。以前出演した舞台『Endless SHOCK』の打ち上げでは、堂本光一くんおすすめのお店に連れて行ってもらったんです。オムライスやワニの肉が出てきました(笑い)。あと風磨くんに連れて行ってもらうとんかつ屋さんは、格別においしいですね。そういうさりげなくおすすめのものや店を紹介できる大人になりたいな…って思います」

 ジャニーズJr.内のユニット「Prince」のメンバーとしても活動中の岸。毎年行われているシアタークリエ(東京・日比谷)での公演も決定した。

「ジャニーズJr.としての活動は幅を広げていきたいですね。人気もそうですが、まず認知度を上げていきたいって思います。ぼくらはどんなことがあってもどんどん進んで行けるよう頑張っていきます!」

 そう力強く言い切った。

※女性セブン2016年3月10日号

【関連記事】
嵐・大野智 被災地小学校で「当たり付きカレー」の炊き出し
雑誌『小学一年生』2014年の表紙モデルが3213人の中から決定
石川遼 小5の頃からゴルフ場の洗面台拭くなど優等生だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。