ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

24時間モニターで変化を計測「糖尿病テーラーメイド治療」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 失明と人工透析の主要な原因は糖尿病だ。糖尿病はインスリンがうまく働かない、もしくは分泌されないために高血糖状態が続く代謝異常で、90%以上が生活習慣病の一つの2型糖尿病である。食事や運動療法だけで血糖値のコントロールができる人もいるが、薬やインスリンの投与が必要になる人も少なくない。現在は、自宅で血糖値を簡便に測定できる機器が販売され、1日に数回、血糖値を知ることが可能になっている。

 東京慈恵会医科大学附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科の西村理明准教授に聞いた。

「1日に数回測定しても、その時にたまたま血糖値が良ければ安心してしまうことがあります。また、糖尿病治療の指標としてヘモグロビンA1cがありますが、過去数か月の平均血糖値の指標なので、一過性の高血糖を見逃すこともあります。血糖値を24時間測定し、どんな場合に上昇したり、低下するかを知らないと適切な治療はできません。

 2010年に、一定の基準を満たす糖尿病患者を対象に、血糖値を連続してモニターする持続血統モニター(CGM)が保険適用になりました」

 CGMは、アメリカでは1999年にFDAの認証を受けている。西村准教授は2006年に機器を個人輸入して臨床研究を始めた。CGMは細い針を腹部に刺し、5分ごとに皮下の糖濃度を測定し、データを500円玉ほどの大きさの本体に記録する。連続して最長6日間データを蓄積でき、パソコンでグラフ化して見ることができる。

 血糖値の24時間変化パターンは、治療内容や患者によって大きく異なる。例えばインスリンを投与している患者の場合、就寝中に低血糖を起こすパターンがみられることも少なくない。

「CGMを行なったら、寝る前のインスリン投与で低血糖が起こり、その反動で日中に高血糖になっていました。そこで、インスリン投与のタイミングを変えたり、量を調節したところ、低血糖は少なくなりました。患者さんからは悪夢を見なくなり、よく眠れるようになったといわれたこともあります。24時間の血糖値の変化をグラフで確認できなければ、このような調整はできなかったでしょう」(西村准教授)

 CGMは、一定の条件を満たす糖尿病患者で保険適用となり、3割負担で1回約5000円だ。軽症の患者にも有効であるため、今後はすべての糖尿病患者に対し、保険適用となることが望まれる。軽症の場合、食後の血糖上昇に対し、野菜を先に食べることで上がり方が緩やかになったり、食後に昼寝をすると血糖値が上昇するが、散歩をするだけで血糖上昇を抑制できるなど、治療効果の見え方にも期待できる。

 現在、ヨーロッパでは2万円前後の安価なCGMが販売されはじめた。日本でも導入に向け、承認申請の動きがある。糖尿病のテーラーメイド治療のためにも、早い時期の導入が待たれる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
糖尿病は自覚症状なし 深刻化すると失明、腎不全、心筋梗塞
デタラメ治療の結果 糖尿病で年間3000人以上が失明、足切断
高齢者の大腿骨近位部骨折 骨折から1年後の死亡率高い傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP