ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【漫画再現レシピ】お家で「ぷしゅ~」しよう! 『ワカコ酒』を参考におつまみ作りにチャレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お酒に合うおつまみって、何を作ればいいか迷っちゃいませんか? 新生活がはじまるにあたって、春休みにお料理を勉強中の読者の方、そんなときに参考にしたいのが漫画。今回、お酒がテーマの漫画作品『ワカコ酒』からお酒に合うおつまみをピックアップ。

漫画『ワカコ酒』とは?


『ワカコ酒』はひとり呑みする主人公、ワカコのグルメ飲み歩き漫画。この漫画の見どころは、なんといっても「酒」×「酒の肴」の飲み合わせ。「ぷしゅ~」のゆるーい名言とともに、主人公が酒と肴のうまさを語ります。

漫画はひとりで外呑みするストーリーですが、出不精の記者はお家でレシピ再現。『ワカコ酒』2巻 第30話を参考に、簡単で豪華にみえる最強おつまみ『あさりの酒蒸し』を作ってみました。

『ワカコ酒』再現おつまみレシピ
作ればさらに「ぷしゅー!」あさりの酒蒸し

材料(2〜3人分)
・あさり …… 400g(1パック~2パックなど、人数に合わせて適当でOK)
・三つ葉 …… 1束(カットしておきましょう)
・酒 …… 大さじ5(残ったものなどをひと振り。料理酒より、ちょっと良い酒だと美味しいように思います)

つくりかた

1.あさりはあらかじめ砂抜きします。


あさりを重ならないようにボウルなどに並べ、頭が少し出るくらいのひたひたの分量に海水程度の塩水をうっすらひいて、新聞紙をかぶせて2~3時間ほどおいておきます。

2.殻と殻をこすりつけ、貝の汚れを取りざるにあげます。


3.フライパンに砂抜きしたあさりと酒を入れ、ふたをして火にかけます。フライパンを「コトコト……」。時々揺すりながら、あさりの様子を伺います。


4.しばらくすると、あさりが「ぷしゅー」「ぷしゅー」。貝の口が「パカッ」と開きます。三つ葉をのせて盛り付ければ完成。


記者のオススメポイント:
あさりの砂抜きさえしておけば、3分もあれば完成しちゃう最高のおつまみ。
ガーリックをプラスして白ワインで酒蒸しすれば、洋風・ワインの酒蒸しが出来上がります。安上がりで豪華にみえるのでおもてなしにも◎ お酒好きの方や友達にふるまうのにお料理してみては?

漫画『ワカコ酒』から呑み方を学ぶ


仕事後、お疲れのワカコさん。そんなときに立ち寄った酒場でいただく晩酌は、あさりの酒蒸し。作中、「癒しの味 身から出てて 身より旨し」と語られるあさりの出汁。まだ寒さ残るこの季節、熱燗とともに食すべし。

あさりの酒蒸し 参考資料:『ワカコ酒』2巻

『ワカコ酒』
新久千映 著
徳間書店 刊
第1~6巻発売中
定価:607円(税込)

(C)新久千映/NSP 2011

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:erini 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP