ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薄さわずか7.6センチ!?見た目も機能もスマートな折りたためる「スーツケース」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行に出ないとき、意外にかさばるのがスーツケースの収納場所。もちろん、シーズンオフの衣類を入れて保管したり用途はあるでしょう。それにしたって、あのサイズな訳ですし。もしも、収納場所にお悩みのようなら、こんなスーツケースありますよ。

その手があったか…
スーツケースを
折りたたむという発想

もしも、スーツケースが折りたためたなら。

ロンドンのプロダクトデザインチームが開発した、折りたたみ式スーツケース「Néit」がこちら。空の状態にして折りたたむことで、スーツケースがわずか7.6センチの薄さにまでコンパクトになる。これはいい!

実際、これまでにも折りたたみ式のフォルダブケースが、あるにはありました。ですがそれは、機内持ち込み用のキャリーケースだったり、ナイロン製の柔らかい製品。
一方こちらのNéitは、耐久性が高く軽量なポリカーボネート製。さらに、航空機の製造で使われているものと同様のアルミニウム素材をフレームに用いたハードなつくり。いわゆるがっちりしたスーツケースな訳です。

たたんでベッド下に収納
クローゼットにかけるもOK!

チャックを開いて両サイドを織り込めば、ご覧の通りものの数秒でパタパタン。この薄さならば、ベッド下にも難なく収納できてしまいます。

さらには、こんな場所にも。これこそ折りたたみ式の利点、クローゼットのハンガーレールにかけて収納という手もありなんです。引き手のハンドル部をカラビナ式にしたNéit。これなら、わざわざ立てかけておくという必要もありません。

さらには、4つのキャスターもこの通り。まるで離陸直後の旅客機のように(自動とはいきませんが)パタンと底部に収まる構造。これならかさばることもありませんね。

表面の波打つデザインは、アルマジロの表皮を参考にデザインしたんだそう。一見すると重厚感やハードな印象を受けますが、容量90リットル用で4.5キロと意外に軽い。これもナイス!

GPS機能も搭載
専用アプリと連動できる

ちなみに、このNéitには専用のアプリも用意されています。たとえばフライトスケジュールを確認したり、地図やホテルのブッキングなど、旅のお役立ち情報を上手に使いこなすこともできるようです。Néit自体にGPS機能が搭載されてるので、万が一紛失してしまっても、スマホで行方を簡単にチェックしたり。

ハード面、ソフト面ともに充実。ヘビーユーザーにも、年に一度海外旅行に出かけられたらいいな、くらいの人にも。結構人気が出そうな予感。クラウドファウンディングサイトでは、すでに目標金額に到達。プレオーダーは、449ドル(約5万円)、キャリーケースで349ドル(約4万円)だそう。

Licensed material used with permission by Néit

関連記事リンク(外部サイト)

【この発想はなかった】スーツケースに、一瞬で荷物が収納できる「Luggashelf」
これは欲しい。持ち主の後ろを自動でついてきてくれる「スーツケース」
NY育ちの女子大生が、イギリスの片田舎に留学して手に入れたモノ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP