ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BBK、新フラッグシップ「Vivo Xplay 5」を発表、Ultimate Editionは6GB RAM+128GB ROMと豪華仕様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー BBK は 3 月 1 日、同社の新しいフラッグシップスマートフォン「Vivo Xplay 5」を発表しました。Vivo Xplay 5 の特徴は最上位モデルで業界初の 6GB RAM(LPDDR4)を搭載しているところです。また、全モデルで ROM 容量を 128GB にしています。かなり豪華仕様の製品です。Xplay 5 は 2 モデル用意されており、Snapdragon 652 オクタコアプロセッサ、4GB RAM、128GB ROM を搭載したスタンダードモデルと、Snapdragon 820 プロセッサ、6GB RAM、128GB ROM を搭載した「Ultimate Edition」があります。どちらもハイレゾ再生に対応していますが、使用されているアンプや DAC のグレードと個数が異なっています(Ultimate Edition の方が上位です)。他の部分は共通しています。どちらも、5.43 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイで、エッジは Galaxy S7 edge のように曲がっています。また、カメラは背面に 1,600 万画素、前面に 800 万画素を搭載。バッテリー容量は 3,600mAh とこのクラスでは大容量です。このほか、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、VoLTE、LTE-Advanced、指紋認証等に対応しています。価格は、Xplay 5 が 3,698 元、Xplay 5 Ultimate Edition は 4,288 元です。他社のフラッグシップ級スマートフォンに比べてると高価です。

■関連記事
I-O Data、「CDレコ」のAndroidアプリをアップデート、音楽再生機能を強化、外出先からのNASアクセスもサポート
Vivo、Huawei、Xioamiなどの中国メーカーがSamsungのエッジディスプレイを採用へ
HTC、自社のサイトに「HTC One M10」を記載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP