ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エヴァ・デュヴァネイ、映画版『A Wrinkle in Time(原題)』の監督に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『グローリー/明日への行進』のエヴァ・デュヴァネイ監督が、米ウォルト・ディズニーによる映画版『A Wrinkle in Time(原題)』の監督を務めることが決まった。

映画『アナと雪の女王』の脚本を執筆し、クリス・バックと共に監督を務めたジェニファー・リーが、米ディズニーによる児童文学作家マデレイン・レングル原作の小説『五次元世界のぼうけん』の映画化に向けて脚本を執筆中だ。映画版『A Wrinkle in Time(原題)』は、行方不明の科学者である父親を見つけるため、タイムトラベルで奇妙な世界を訪れる子供を追うストーリーとなる。

本紙ヴァラエティは、リーが子供の時に大好きだった小説のひとつである『五次元世界のぼうけん』のプロジェクトに加わったことを2014年に記事にした。リーは、同プロジェクトの企画において、女性が率先して進行するストーリーを際立たせ、SFと本の世界を作り上げる要素にとって創造的なアプローチをおこない、米ディズニーの幹部達に感銘を与えた。

小説『五次元世界のぼうけん』は、レングル原作による『Time Quartet(原題)』シリーズの処女作で、『A Wind in the Door(原題)』、『Many Waters(原題)』、『A Swiftly Tilting Planet(原題)』も含む。

スティーヴン・スピルバーグ監督率いる製作会社のアンブリン・エンターテインメントは、ルピタ・ニョンゴを主演にする協議中のSFスリラー映画『Intelligent Life(原題)』の監督の候補としてデュヴァネイ監督にずっと注目していた。映画『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレヴォロウ監督と、共同参加者のデレク・コノリーが、『Intelligent Life(原題)』の脚本を執筆した。同作は、人類を代表する国連職員が宇宙人と接触するストーリーの『The Ambassador(原題)』と名付けられた初期のプロジェクトをもとにしている。

デュヴァネイ監督は、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)とデル・ショウ・ムーンヴス・タナカ・フィンケルスタイン・アンド・レスカーノ法律事務所のニーナ・ショウ弁護士を代理人としている。
このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP