体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

ホテルでまったりしていたところ、やっとヘリコプターの離陸許可が下りたとの嬉しい知らせが。

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

アマンが手配してくださったヘリコプター。

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

そもそも4日間では回りきれないところをどうしてくれようと考えていたところ、アマンの提案する遺跡巡りメニューの中にヘリコプターツアーがあることを知り、これはもう願ったり叶ったり、速攻で申し込んだわけです。

幾つかプランがあり、最長プランは総飛行時間180分4ランディングで、タイとの国境にある遺跡プリア・ヴィヘアを含む数カ所の遺跡巡りが出来てしまうという。ピクニックランチ付き豪華プランで恐らく地上滞在時間を足したら丸一日? (注:プリア・ヴィヘアは確か現在タイと領有権で揉めているエリアなのでヘリで近づけるかどうか不明)

贅沢かなと思いきや、体力や時間のない人にはかなりオススメなのではないかと。パイロットとガイドさん以外に4人まで乗れるわけだし。

私たちは既に地上遺跡巡りをしているので30分の飛行でアンコール遺跡周辺から、トンレサップ湖までざっくり見せてもらうことに致しました。ヘリコプターズ・カンボジアはニュージランドの会社のようです。パイロットはなんと女性でした!

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

待ち時間中、世間話をしている時に興味深いお話を聞きました。ヘリコプター会社の始まりは「米兵戦没者の遺骨収集と運搬」であったと。なんだかこうグッと来ましたね。時々聞く東南アジアへの慰霊ツアー、日本だけかと思っていたら大間違いでした。異国の地で散った身内への思いは世界中同じ。

それでは離陸いたします。ところどころ抜けてるところもありますがダイジェストでどうぞ!

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

アンコールワット。空から見るとコンパクトに見えるから不思議。

向こうに見えるのは王が沐浴するための池、スラ・スラン。写真の左側には小さくプラサット・クラヴァンが写ってます。

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

夕陽を見に訪れたプレ・ループ。

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

東メボンの上空を通りつつ、、、バンテアイ・サムレ。

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー

山の上にも遺跡がありました、プノン・ボック。

【カンボジア】アンコールワットの空旅、ヘリコプターで遺跡巡りツアー
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。