ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

要らなくなったジュエリーケースの中に「ジオラマ」を作ってみたら・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですが、ひとつ質問を。プレゼントされた指輪や自分で買ったネックレス。中身を取った後のケースってどうしていますか?

ほとんどの人は「引き出しの奥底に眠っている」と答えそうなものですが、中にはこんなに素敵な使い方をしている人もいるみたいですよ!

蓋を開けると広がる
小さく、美しい世界。

なんと、ケースの中に精巧なジオラマが!蓋の裏も有効活用することで、その世界に奥行きを与えています。

作品の生みの親は、カナダ在住のアーティストTalwst。

闘牛士が吹き飛ばされた後でしょうか…。牛は何処へ!?

日本をテーマにした作品も。タイトルは「Shunga(春画)」。

“覆面芸術家”バンクシーも登場?


馬車とマクドナルド!

指のサイズと比較すると、その巧みさに改めて驚きます。

横長のネックレスケースでも!


使われなくなったものに、新たな生命を吹き込み蘇らせるーー。これぞアーティスト!

Licensed material used with permission by TALWAST

関連記事リンク(外部サイト)

世界各地の壁を「作品」に変えるストリートアーティスト
【神ワザアート】もしも小人がこの世に存在したら、こんな感じ
見れば見るほど、平面か立体か分からなくなる不思議な写真

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP