ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか15分でフル充電!中国の電機メーカー「OPPO」が新技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の電気機器メーカー「OPPO」は、Mobile World Congress 2016でスマホをわずか15分でフル充電できる技術「SuperVOOC」を発表した。

バッテリー 充電を気にする人にとって、有力な選択肢となるスマホの登場が期待できそうだ。

・5分で半分充電

OPPOはこれまで急速充電技術「VOOC」を同社のスマホに活用してきたが、今回の「SuperVOOC」はそれをさらに進化させたものだ。

発表によると、容量2500mAhのバッテリーをわずか15分でフル充電でき、約半分の45%充電ならものの5分。急いでいる時にはかなり重宝しそうだ。

急いでいなくても、ヘビーユーザーであればあるほどにスマホを充電する回数は増えるが、それにかかる時間を短くできるというのは何かと忙しい現代人にとっては嬉しい。

・新製品が待ち遠しい⁉︎

もちろん、高速充電してもスマホが熱くなったりすることがないように設計されているとのこと。

SuperVOOCはUSBタイプCとマイクロUSBをサポートし、充電には専用のケーブルを使う必要がある。

SuperVOOCを搭載した新スマホの発売時期について具体的言及はなかったようだが、登場すれば爆速充電は新ユーザーを獲得するための強い武器になりそうだ。

OPPO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP