ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

照明器具とモバイルバッテリーを兼ねる「PowerLight Mini」は52時間使用可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプなどのアウトドアで活躍するランタン。これまでガスやガソリンで灯すのが主流だったが、テクノロジーが発達した現代では火ではなくLEDを灯すタイプが増えてきている。

そのLEDランタンを使い勝手が良いようにコンパクトにしたタイプが登場した。BioLite社が発売した「PowerLight Mini」だ。

・最大52時間灯す

このPowerLight Mini、照明としてだけでなく、スマホなどのモバイルバッテリーとしても使える。なので、電源の取れないキャンプなどで活躍しそうだ。

バッテリーの容量は1350mAh。照明として使うと52時間灯すことができる。明るさは最大135ルーメンとなっている。

・たったの80グラム!

そしてどれくらいコンパクトかというと、8.5×5.1×1.5センチでスマホよりも小さく、重さもわずか80グラム。

スタンドとして使ったり何かに引っ掛けたりできるハンガーが付いているので、例えば自転車のサドル下に設置してバックライトとして使うこともできる。

アウトドアの時だけでなく、車のダッシュボードやバッグなどに入れておけばいざという時に何かと便利そうだ。

価格は44.95ドル(約5100円)。色は水色、グレー、赤、黄色の4色から選べる。

PowerLight Mini

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP