ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Macに「Siri」登場⁉︎次期OS Xに搭載のうわさ:米報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Appleが次期Mac OSに音声アシスタント「Siri」を搭載すると、海外のメディアが一斉に報じている。

Appleが開発者向けに毎年開催し、今年も6月に開かれる予定のWWDC(Worldwide Developers Conference) 2016で発表されるという。

・「Hey Siri」で起動

Siri 機能はiPhone、iPadで先行し、最近ではApple WatchやApple TVでも使えるようになっている。

MacにSiriを加える計画はこれまでも度々報じられてきたが、今回の報道をまとめると、秋にもリリースされるMac OS「OS X 10.12」にSiriが搭載される見込み。

iPhoneなどと同様、Macでも「Hey Siri」と呼びかけると起動するとのこと。

それから、スクリーン右上のメニューバーに、検索機能Spotlightアイコンなどと並んでSiriを表すマイクアイコンが現れ、こちらをクリックしても利用できる。

・ベータ版経て10月リリース?

今後の流れとしては、WWDCで発表した後にパブリックベータ版を展開し、10月ごろの正式リリースが見込まれる。

実現すれば、Macでもアプリを開いたりスケジュールに予定を入れたりといったことが音声でサクサクできるようになるだけに、Macユーザーとしては一刻も早いリリースを期待したいところだ。

9TO5Mac

Macworld

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP