ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Facebookの写真から音と映像を生成するアプリ『SUBARU SOUNDRIVE』で遊んでみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SUBARU SOUNDRIVE

Facebookにアップしたプロフィール写真やウォールの写真から十人十色のドライブBGMが展開する――自動車メーカー・スバルが提供するFacebookアプリ『SUBARU SOUNDRIVE』はもう試してみましたか? Facebook上の画像に合わせて変化していく音楽と走行シーンはまさに“ソーシャルドライブ”な体験。私もさっそく試して(遊んで)みましたので、その様子をレポートしたいと思います。

SUBARU SOUNDRIVE ジャンル決定画面

Facebook上の『SUBARU SOUNDRIVE』アプリにアクセスすると、現在のプロフィール写真から音楽ジャンルが決まります。ジャンルは、CLASSIC、ROCK、JAZZ、ELECTRONICAの4種類。私の場合は、CLASSICに決定されました。写真を構成する色からジャンルを決定するため、洋服の色や背景など色構成の異なるプロフィール写真に変更すると、違ったジャンルが選びなおされます。

SUBARU SOUNDRIVE 走行シーン(アニメーション)

ドライブシーンのアニメーションは、音楽ジャンルによって用意されておりBGMと同期します。スバルの車は、AWD(4WD)で走破性に優れ、シーンを選ばず快適なドライブが可能であることが特徴。そのイメージのままに、山道や都市、橋や荒野を走行し、電光掲示板などに色や写真を同期しながらアニメーションが展開します。

自分や友達の写真や、投稿したテキストがシーンのなかに現れるのを見ていると、まるでfacebook上で自分のソーシャルライフをドライブしているような気分になります。

SUBARU SOUNDRIVE 走行シーン(アニメーション)

ウォールの写真もまた色分解してカラーを抽出。ジャンルに合わせた楽器の音色に置き換えられてハーモニーを奏でます。音と映像が終了した後は、自分のFacebook写真から生成されたオリジナルミュージックホイールが作られ、プレイバックして楽しむこともできます。Facebookへのシェアも可能ですので、友達に見てもらうこともできますよ。

SUBARU SOUNDRIVE ミュージックホイール

プロフィール写真を変更して別なジャンルの音楽を聞いてみたり、同じプロフィール写真のままでもう一度BGMを生成して映像アレンジの変化を見てみたり、飽きることなく楽しめるアプリです。Facebookのウォールを流れていく、日々のソーシャルコミュニケーションを振り返る“ドライブ”を一度試してみてはいかがでしょうか。
 
SUBARU SOUNDRIVE
http://soun-d-rive.com/
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。