ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットが楽に食べられ衛生的な皿 完成までに数年かかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 犬や猫などのペットと室内で一緒に生活する人が増えている。そんな飼い主の「ペットグッズで部屋の雰囲気を壊したくない」「ペットが使いやすいものがほしい」という要望から生まれたのが、「ファビタ」のオリジナルブランド「ぺコロ」の“フードスタンド” (Sサイズ 縦13.2 cm×横13.2 cm×高さ8.7cm ボウル容量320ml /6000円)だ。

「当社の社員がある日、“飼っているチワワがいつもご飯を食べにくそうにしていて、かわいそうなんですよ”とこぼしてたんです。そこで“機能性がよくてデザインも優れた商品を作れないか”と思ったのが、きっかけです」

 そう話すのは、「ファビタ」広報担当の内藤雅人さん。

 従来のペット皿といえば、大きさこそ様々だが、形はほぼ同じで床置きタイプが主流。これでは、ペットは背中を丸め、首を曲げながら食べなければならず、体に大層な負担がかかってしまう。

 そこで考えたのが、“お膳”をモチーフにしたボウルとスタンドの組み合わせ。スタンドを高低2種類にしたことで、ペットの体格に合わせて、楽な姿勢で食事ができるようになった。こうして試作を繰り返すなか、完成までに数年以上費やしてしまったが、そのお陰で理想的な商品が完成。2014年4月に販売にこぎつけた。

「四角いお皿だと角の部分が食べづらく、食べ残しが出やすいため、器は丸いボウル形にして、大きさと深さ、傾斜角度にこだわりました。ステンレスのボウルは、スタンドに置いても安定するよう重みをもたせています。

 脚は滑り止め付きなので、元気なワンちゃん、ネコちゃんにも安心です。また、全面磨き仕上げなので、ヌメヌメなどの雑菌のお手入れもしやすいですよ」(内藤さん)

 ステンレスタイプのほか、中型犬用にぴったりサイズの、磁器製のL(縦18cm×横1cm×高さ14.5cm)もある。

 人もペットも健康のためには、背筋をしゃんと伸ばして食べた方がいい。食事の内容だけでなく、食べる環境までしっかり考え、かわいい家族をサポートしたい。

※女性セブン2016年3月10日号

【関連記事】
ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった
アサイーボウルの次にくる? 人気朝食「ピタヤボウル」とは
チャン・グンソク 韓国の映画祭で日本から来たファンを気遣う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP