体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“いい言葉には妖精が住んでいる”。かわいがられるためのフレーズ3選

出展:Paylessimages

失敗ばかり繰り返す友人への助言、恋人との意見のズレ、難しい仕事のアポ取り。なんと言っていいかわからず、ため息が出てしまうような瞬間はいつでもおとずれる。

“「こんなとき、どう言ったらいいんだろう……」というピンチに出合ったなら、チャンスだと思ってください。”

そう書かれているのは、『かわいがられる力 一流と二流の決定的な違い』(安田正/PHP研究所)だ。本書には、できれば避けたいような難しい局面もうまく乗り越え、なおかつ相手にかわいがってもらえるための方法やセリフなどが多数収録されている。

その中から、日常的に使い、できれば口癖にしてみたいフレーズ3つを紹介していこう。

 

感謝・ねぎらい+「ちょっとだけアドバイスしていい?」

失敗ばかり繰り返す友人へ意見を口にするとき、「こうしなきゃダメでしょ」といきなり正論から述べていないだろうか。その結果、相手を傷つけてしまうことは? 「失敗しちゃったんだけど、あのときどうすべきだったのかな……」と尋ねられた場合、相手は回答よりも先に、ねぎらいの言葉を求めているものだ。

「そうか、それは大変だったね……」

「あまり無理はしないようにね」

まずは相手に親身になり、それから解決策を提示する。その方が相手にとっては受け入れやすい。

相手に求められているわけではなく、自己発信で助言する場合も同じだ。「いつも頑張ってるね、ありがとう」という感謝から始めてみよう。

そして助言に入る際も、「こうしなきゃいけない」と直接的なことを言えば、相手も批判されるように感じ、ショックを受けるだろう。そこで「ちょっとだけアドバイスしていい?」というワンクッションが役に立つ。否定するのではなく、一度認めた上でさらによりよい方法を紹介する。そうすればきっと相手も信頼を持って助言に耳を傾けてくれるだろう。

 

「それいいね!」+「そこでちょっと考えてみたんだけど」

恋人との意見が対立してしまった場合など、いきなり「それは違う」と否定から入ればけんかになるのは当然。それでうまく結論が出たとしても、必ず片方に不満が残ることになる。

デートプランでもなんでも、気に入らないからといきなりばっさり切るのではなく、「それいいね!」とまずは一度認めてあげよう。そこから、「私も考えてみたんだけど」と自分の意見を付け足して言えば、相手にとってみれば最初に出したアイデアが強化されたような気持ちになる。「AかBか」ではなく、「AさらにA’」と話を進めるのだ。

もちろん、必ずしも両方の意見を取り入れる必要はない。結果的に「A’」がもとの「A」とはまったく違うプランになっていたとしても、それはお互いの意見を尊重しあってのこと。お互いにとって満足のいく結果となり、一緒になって考えてくれたことに相手も感謝してくれるだろう。

 

「本当にすみません、何度もお願いして……」

仕事で「すぐに謝るのはよくない」とも言われるが、それは同じ会社の中での話。新規の取引先へのアポ取りなど、外の相手で、なおかつまだ関係が築けていない相手には、下手に出れば出るほど交渉がうまくいく。

「何度もすみません」

「10分だけでもお話しさせてください」

本書によると、”神様にお願いするように言うのがポイント”とのこと。じっさい初めての相手がいきなり上から偉そうな態度で仕事を要求してきても、なかなか引き受ける気にはなれないものだ。

1 2次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。