体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デンマークで外せない観光スポット!チボリ公園に行ってみよう

Photo credit: Dan Lundberg via flickr cc

Photo credit: Dan Lundberg via flickr cc

Compathy Magazineライターのさとりんです。
子供の時の大切な思い出のひとつに、家族で行ったアミューズメント・パークがあります。大きくなるにつれて、友達同士で行くようになり、恋人と行くようになり、今度は自分が親として子供を連れていく。アミューズメント・パークはみんなの人生と長く深い繋がりを持っていると思います。
そのため、思い出のアミューズメント・パークが閉園になるととてもさみしい気持ちになると思います。
そんな中、世界で最も長い歴史を誇り、今もなお愛され続けている遊園地「チボリ公園」があります。チボリ公園は、デンマークのコペンハーゲンにあり、今も年代を超えて、デンマークの人達の憩いの場になっています。
デンマークを訪れるなら、是非とも立ち寄ってもらいたい観光スポット、チボリ公園。今回はそんなチボリ公園についてご紹介したいと思います。

チボリ公園について

Photo credit: La Citta Vita via flickr cc

Photo credit: La Citta Vita via flickr cc

デンマークのコペンハーゲンにあるチボリ公園は、1843年にオープンした世界最古のテーマパーク。もともとは、デンマーク国王クリスチャン8世の家来であるゲオ・カーステンセンが市民のために、階級差別がなく誰でも楽しめる場所をという思いから作ったのがきっかけでした。当時は、このような考えに反対する声も多かったようです。
しかし、開園してからは約2億7千人がこの公園を訪れ、現在も年間約350万人が訪れるなど、世界有数の観光スポットのひとつになっています。面積は82,717平方メートルとディズニーランドができるまでは世界最大級のテーマパークでした。
チボリ公園内にはメリーゴーランドやジェットコースター、観覧車などがあり、野外劇場でのコンサートやパフォーマンスなども楽しむことができます。他にもファーストフード店やレストランが充実しています。
また、多くの著名人たちもこのチボリ公園に来園し、影響を受けました。『人魚姫』の作家としても知られる童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、このチボリ公園で物語の構成を考えていたと言われ、ディズニーランドの創設者であるウォルト・ディズニーは、チボリ公園をモデルにしたと言われています。

チボリ公園の魅力的なアトラクションと施設

ノーチラス(NAUTILUS)

Nautilus by Sunfox, on Flickr
“Nautilus” (CC BY-SA 2.0) by  Sunfox 

毒々しい色をした巨大なタコのアトラクション。各足にはタコが捕まえた魚が付いていて、その魚に乗ってぐるぐると周る乗り物です。ディズニーランドでいう「ダンボ」や「スタージェット」と同じ種類のアトラクションで、特に子供達にとても人気です。

スターフライヤー(THE STAR FLYER)

2010_0523_Copenhagen_57 by peatc, on Flickr
“2010_0523_Copenhagen_57” (CC BY-SA 2.0) by  peatc 

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。