ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

200%の再生力、アンチエイジング成分”EGF”を使いこなしたい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

200%の再生力、アンチエイジング成分

エイジングケアや美肌は女性にとって永遠ともいえる課題。そんな美容業界を騒然とさせた成分”EGF”をご存知でしょうか。今回は美容やアンチエイジングといったさまざまな期待が寄せられる話題のEGFについて紹介します。

ノーベル賞受賞の成分EGFって最近よく聞くけれど

EGF(上皮成長因子)は、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見したタンパク質のひとつ。もともと生物に備わっている53個のアミノ酸から形成されるタンパク質で、細胞の成長促進や代謝機能を整える役割があります。1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。火傷や傷を負った肌の再生、皮膚移植による傷の回復促進として医療分野で使われ、発見当初は1gが8千万円という高額なものでした。

ついにスキンケアとして利用が可能に

医療や研究でしか使われなかったEGFですが、抽出技術や生産技術が進み、私たちが使用するスキンケアの美容成分として利用できるようになりました。その効果も確認されており、EGFを0.00001%配合したローションを朝昼2回、60日間使用したところ、なんと表皮の新生細胞の成長率が平均284%促進したとのこと。30代~60代の被験者での実験でしたが、50歳以上の年齢でも新生細胞の成長が改善したことが確認されています。加齢や傷でダメージを受けた皮膚細胞でも、元気に生まれ変われることが証明されたのです。

ヒトオリゴペプチド-1=EGFなので、表示をチェック

EGFはヒトオリゴペプチド-1という成分で配合されています。肌細胞を修復するエイジングケア・ターンオーバーを促進する美肌ケア・潤いを保持する保湿ケアに有効で、エステサロンをはじめ各種スキンケア製品に用いられています。ただし、肌のターンオーバーを促進する効果があるため、敏感肌や乾燥肌の場合は刺激を感じることがあるそう。敏感肌や乾燥肌の人は、刺激が少なくEGFに似た働きを持つ「プロテオグリカン」が配合されたものを選ぶと良いそうです。プロテオグリカンはヒアルロン酸の1.3倍の保水力があり、コラーゲンの生成をサポートしてくれる成分。こちらもエイジングと美肌を叶える成分として注目されています。

エイジレスな肌さえ手に入れば自信を持って生きられます。EGF&プロテオグリカン配合のスキンケア、試してみたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。