ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MERRY、メンバープロデュースによる特別ライブ5DAYS「平日のMERRY」を5月開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

怪我で長期療養中のテツ(b)がステージに完全復帰し、最新アルバム『NOnsenSe MARkeT』の集大成としても記憶に刻まれた一夜となった「NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階-」を経て、MERRYが5月にメンバープロデュースによる特別ライブ5DAYS「平日のMERRY」を開催することが決定した。

全日程が渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催される今回の企画ライブ、GW明けの5月6日に初日を飾るのはガラ(vo)プロデュースによる「平日のガラ 〜THE ZOMBIE RETURNS 蘇(かえ)って来た野郎ども〜」。2014年4月にメンバーもオーディエンスもZOMBIEメイクを施し異様な光景となった「THE ZOMBIE 〜地獄に堕ちた野郎ども〜」の再来とも言えるタイトルだが、今回は当時参加できなかったテツを引き連れての“ゾンビナイト”になる。「当日はぜひ皆さんもZOMBIEメイクをして、非日常をお楽しみくださいませ。」とガラからコメントも寄せられており、渋谷の街にゾンビが集結することになりそうだ。

続く5月9日の結生(g)プロデュースの「平日の結生 〜オーディエンスはカメラマン!?〜」は、MERRY史上初となる撮影タイム付きライブ。時間限定とは言え、ライブパフォーマンスに定評があるMERRYの白熱ステージを自身の携帯で収録できるこのレアな企画はファンにとって貴重なライブになるだろう。

翌週5月16日に健一(g)が提案する「平日の健一 〜[BURST] again〜」は、2009年に開催された「~TOUR09 under-world [BURST]~」を彷彿とさせるライブで、“激しい曲だらけで構成されたセットリストで刺激的だったライブを再び”と銘打たれた一夜になりそうだ。

一方、5月24日に行われるテツの「平日のテツ 〜漆黒仮面密会〜」は、他メンバーとは指向を変えての着席スタイルによる“ザ・ダークサイドMERRYデー”。「漆黒ドレスコードに加え仮面を着用してのご鑑賞となります。」と“支配人テツ”からの案内の通り、何とも謎めいた空間が待ち受けていること間違いない。

5月31日の最終日にラストを飾るのは、ネロ(dr)が主催する「平日のネロ ~ライブハウスは法廷だ!セットリスト裁判!~」。“裁判官・ネロ”がライブハウスを裁判所に見立て、ファンにとっての思い出の曲や最近聴けなくなった曲も含まれたセットリストでお届けするライブになりそうだ。

異色な内容でお届けする「平日のMERRY」5DAYSのチケット先行は、本日より公式モバイルサイト<MERRY ONLINE>にてスタートする。受付期間中に新規入会された方も対象となる。また6月10日からは、15周年にちなんで全15公演の全国ツアー、MERRY 2016 Summer Tour「-15- Sheep」も控えている。

Photo by 中村卓

ライブ情報
「平日のMERRY」
会場:渋谷duo MUSIC EXCHANGE
日程:
5月6日(金) 平日のガラ 〜THE ZOMBIE RETURNS 蘇(かえ)って来た野郎ども〜
5月9日(月) 平日の結生 〜オーディエンスはカメラマン!?〜
5月16日(月) 平日の健一 〜[BURST] again〜
5月24日(火) 平日のテツ 〜漆黒仮面密会〜 [★] ※ドレスコード有り
5月31日(火) 平日のネロ 〜ライブハウスは法廷だ!セットリスト裁判!〜
時間:開場18:30 開演19:00
チケット:1Fスタンディング4,500円 (税込)、2F指定5,500円 (税込) ※全てドリンク代別
※5/24(火)のみ 1F・2F指定5,500円 (税込)、1F後方スタンディング4,500円 (税込)

<MERRY ONLINE先行>
受付期間:3月1日(火)12:00~3月13日(日)23:59
※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

関連リンク

MERRY OFFICIAL websitehttp://merryweb.jp/
MERRY OFFICIAL Twitter@MERRY_OFFICIAL
■MERRY OFFICIAL Instagramhttps://instagram.com/merryofficial/
■MERRY ENGLISH SPECIAL SITEhttp://merryweb.jp/special/2016eu_ptw/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP