ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iKON、新アルバム全曲試聴&「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG?」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iKONの3月30日に発売となるアルバム「WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-」全曲先行試聴が、オフィシャルホームページにて開始した。さらに、新曲「DUMB & DUMBER」・「WHAT’S WRONG?」の日本語バージョンのミュージックビデオ2本が同時公開された。

ミュージックビデオは、エッジの利いた楽曲とは裏腹に、パジャマ姿でのダンスや夢の世界での出来事など、全編に渡ってコミカルなシーンが満載となっている「DUMB & DUMBER」と、iKONのやんちゃな魅力が詰まったカラフルな世界観を表現した「WHAT’S WRONG?」となっている。

今回のCOMPLETE EDITIONは、デビューアルバム「WELCOME BACK」の収録楽曲に加え、新曲6曲を収録した全18曲の超豪華な内容に。「DUMB & DUMBER」・「WHAT’S WRONG?」・「I MISS YOU SO BAD」・「RHYTHM TA REMIX (ROCK Ver.)」4曲の新録日本語バージョンのほか、日本オリジナルとして「ANTHEM / B.I&BOBBY」が日本語化かつ、新たなREMIX Ver.として収録される事も決定した。さらに、韓国でも未発表の日本エクスクルーシブトラック「JUST GO」が追加収録される。

映像に関しては、DVD付き商品に加えBlu-ray付き商品も追加され、各シングル曲のミュージックビデオ、メイキング映像と、日本で行われたプロモーション活動やリリースイベントに密着したドキュメント映像も収録と充実した内容となっている。

また、2月よりスタートしたiKON初の日本ツアー「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」追加公演より「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG?」「I MISS YOU SO BAD」「ANTHEM / B.I&BOBBY」の新曲4曲を日本語でパフォーマンスすることも発表された。合わせて、先日のライブ中にメンバーからのMCであったように、「追加公演ではもっとファンの皆さんの近くでライブを一緒に楽しみたい!」という熱望の通り、ステージを一新し、アリーナの外周に特設の花道を設置する事も決定した。

なお、本日1日よりdTVにて「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」の舞台裏に迫った各公演ごとのオフショット映像も配信スタートしている。

アルバム「WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-」全曲先行試聴
http://ygex.jp/ikon/discography/

「DUMB & DUMBER」MV(Japanese Short Ver.)

「WHAT’S WRONG?」MV(Japanese Short Ver.)

ツアー情報
「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」
<追加公演>
・3月12日(土) 千葉 幕張メッセイベントホール (2回公演)
①13:00開場/14:00開演 ②17:00開場/18:00開演
・3月13日(日) 千葉 幕張メッセイベントホール
13:00開場/14:00開演
・3月15日(火)大阪 大阪城ホール (2回公演)
①14:00開場/15:00開演 ②18:00開場/19:00開演
券売日程
<チケット販売>
チケット購入リンク:http://l-tike.com/ikon/

リリース情報
アルバム「WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-」
2016年3月30日発売

【2CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー+PHOTO BOOK】AVCY-58380〜1/B 6,100円+税
【2CD+Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー+PHOTO BOOK】AVCY-58382〜3/B 7,100円+税

【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】AVCY-58384/B 4,200円+税
【CD+Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー】AVCY-58385/B 5,200円+税

【CD+スマプラミュージック&ムービー】AVCY-58386 3,000円+税

関連リンク

iKON オフィシャルサイトhttp://ygex.jp/ikon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP