ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八代亜紀、伊東ミキオ率いる新バンドで6月ブルースツアー開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

八代亜紀が、昨年10月にリリースした寺岡呼人プロデュースによる、初のブルースアルバム「哀歌-aiuta-」を引っさげたコンサートツアー「八代亜紀 2016 AIUTA presented by 積水ハウス」を6月に開催する。

本ツアーは、6月18日の自身の故郷である熊本・八千代座での公演を皮切りに、6月20日の大阪・サンケイホールブリーゼ、そして6月21日の東京・品川プリンスステラボールへと続いていく。初日となる熊本・八千代座は、100年以上前の明治時代よりある芝居小屋で、国の重要文化財として地元山鹿市でも有名な名所。宮沢和史やクラムボンなど、歌心溢れるエモーショナルなアーティストが数々の名演を残している貴重な小屋でスタートを切る。

さらにツアーバンドは八代と同じ熊本出身の伊東ミキオ(Key:MIKIO TRIO)率いる、名うてのミュージシャンで構成されることも発表された。ギターにTHE GROOVERSの藤井一彦、ベースにシアターブルックより中條卓、ドラムにはウルフルズからサンコンJr.が参加。サックスに忌野清志郎の盟友でお馴染みの梅津和時が名を連ね、八代の歌の世界を表現するまったく新しいバンドが誕生した。

なお、チケットは4月16日より全席指定で8,460円と“ヤシロ価格”で一般発売を開始する。

八代亜紀 コメント
哀歌のライブを、東京以外のファンの皆様にもどうしても届けたいと思っていた願いが叶い、非常に嬉しいです。更に深みを増した「哀歌」の世界を、新たに集まってくれたメンバーと表現することが今から待ちきれません。

ツアー情報
「八代亜紀 2016 AIUTA presented by 積水ハウス」
6月18日(土) 熊本・八千代座 18:30開場/19:00開演
6月20日(月) 大阪・サンケイホールブリーゼ 18:00開場/19:00開演
6月21日(火) 東京・品川プリンスステラボール 18:00開場/19:00開演

Band
Key:伊東ミキオ(MIKIO TRIO)
Gt:藤井一彦(THE GROOVERS)
Ba:中條卓(シアターブルック)
Dr:サンコンJr.(ウルフルズ)
Sax:梅津和時

<チケット発売情報>
・熊本公演
6月18日(土)熊本・八千代座(18:30開場/19:00開演)
チケット価格:全席指定8,460円(ヤシロ価格・税込)

4月16日(土)より一般発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:291-530)
ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:81700)
イープラス:http://eplus.jp

・大阪公演
6月20日(月)サンケイホールブリーゼ(18:00開場/19:00開演)
チケット価格:全席指定8,460円(税込) 条件付き指定席8,460円
※未就学児童入場不可
※条件付き指定席:ステージの一部が見えづらい場合がありますので、予めご了承ください。

・チケット最速先行受付
イープラスプレオーダー受付(抽選先行受付)
受付URL:http://eplus.jp/ya-aiuta/ (PC&モバイル)
受付期間:3月7日(月)12:00〜3月13日(日)18:00
※受付期間内に、受付URLへアクセスし、エントリーを行ってください。
※お申し込みにはイープラスの会員登録(無料)が必要です。
※先着順ではありません。受付期間内にお申し込みください。お申し込み多数の場合抽選となります。

4月17日(日)より一般発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:292-211)
ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:53515)
イープラス:http://eplus.jp
楽天チケット:http://r-t.jp/yashiro
ブリーゼチケットセンター 06-6341-8888(窓口での販売)

・東京公演
6月21日(火)品川プリンスステラボール(18:00開場/19:00開演)
チケット価格:全席指定8,460円(税込・ドリンク代別)
※未就学児童入場不可

4月16日(土)より一般発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:291-436)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:73269)
イープラス http://eplus.jp

関連リンク

八代亜紀 日本コロムビア公式サイトhttp://columbia.jp/aki/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP