体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無謀で過酷で壮絶な伝説番組「水曜どうでしょう」の海外ロケ地となった場所6選

「水曜どうでしょう」という番組、皆さんご存知ですか?北海道のローカルテレビ局から生まれ、全国にファンを抱え持つ人気番組です。

この番組は、大泉洋と彼の所属事務所の代表でもある鈴井貴之、そしてディレクター2人で構成されたどうでしょう班が、国内外様々な場所を旅する旅番組です。

 

まだ水曜どうでしょうを見たことがないという方にも、この記事を読めば、彼らが訪れた素敵な場所に行ってみたくなるはず。今までのロケ地の中で、ここはぜひ行って欲しい絶景スポットを世界各地からご紹介します。

 

デビルズマーブル/オーストラリア

157325676_717f0f81df_o

Photo by Maedi

水曜どうでしょうの初海外ロケとなったオーストラリア。オーストラリア大陸を縦断しているスチュアート・ハイウェイを、北のダーウィンから南のアデレードまで4日間で走破するという無謀な計画に挑戦したどうでしょう班。

 

彼らはその挑戦の途中で、丸い巨石たちが立ち並ぶ、世にも奇妙な光景に遭遇しました。ここはデビルズマーブルと呼ばれる場所で、大きな石たちがまるでオブジェのように立ち並んでいます。

オーストラリア先住民アボリジニの間では、「虹色の大蛇の卵」と考えられており、神聖な場所とされています。自然が作り出した造形美、まさに圧巻の一言です。

 

ハイジの家/ヨーロッパ

15321401076_2c86f31471_b

photo by Thomas

番組開始1周年を記念して放送した、ヨーロッパ21ヵ国完全制覇の旅。実質8日間でヨーロッパ21ヵ国をレンタカーで回るという、これまた無謀すぎる企画です。

ミスターこと鈴井貴之が旅のテーマとして掲げたのは「メルヘン」。「くまのプーさん」のゆかりの地や、シンデレラ城のモデルとなったといわれている「ノイシュバンシュタイン城」などを訪れています。

 

その中でも印象的だったのは、「アルプスの少女ハイジ」の舞台となったスイス のマイエンフェルトで、ミスターがハイジとして丘から駆け下りてくるシーン。まさにメルヘンというテーマにふさわしい、爽やかさが溢れる清々しい場所です。

 

タマンヌガラ国立公園

5217433059_0c735a02da_b

Photo by Xuanxu

壮絶すぎるほど過酷なロケとなった、マレーシアジャングル探検の旅。どうでしょう班一行が、マレーシアの国立公園に野生動物を観察しに訪れた伝説的なロケです。

このタマンヌガラ国立公園は、普段は見ることができない野生動物たちの生活を見ることができる、素敵な場所です。この国立公園のジャングルには、ブンブンと呼ばれる動物観察小屋が複数あります。

 

その中でも、一番人気のなかったブンブンブラウという粗末な動物観察小屋で、一夜を過ごすことになってしまった彼ら。トラへの恐怖と戦いながら「拷問だ」「バリケードを作れ!」などといった名セリフが生まれたのも、このロケです。

 

コールドフット/北極圏

19123573838_5fb6e44484_k

Photo by Bureau of Land Management

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会