ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無謀で過酷で壮絶な伝説番組「水曜どうでしょう」の海外ロケ地となった場所6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「水曜どうでしょう」という番組、皆さんご存知ですか?北海道のローカルテレビ局から生まれ、全国にファンを抱え持つ人気番組です。

この番組は、大泉洋と彼の所属事務所の代表でもある鈴井貴之、そしてディレクター2人で構成されたどうでしょう班が、国内外様々な場所を旅する旅番組です。

 

まだ水曜どうでしょうを見たことがないという方にも、この記事を読めば、彼らが訪れた素敵な場所に行ってみたくなるはず。今までのロケ地の中で、ここはぜひ行って欲しい絶景スポットを世界各地からご紹介します。

 

デビルズマーブル/オーストラリア

Photo by Maedi

水曜どうでしょうの初海外ロケとなったオーストラリア。オーストラリア大陸を縦断しているスチュアート・ハイウェイを、北のダーウィンから南のアデレードまで4日間で走破するという無謀な計画に挑戦したどうでしょう班。

 

彼らはその挑戦の途中で、丸い巨石たちが立ち並ぶ、世にも奇妙な光景に遭遇しました。ここはデビルズマーブルと呼ばれる場所で、大きな石たちがまるでオブジェのように立ち並んでいます。

オーストラリア先住民アボリジニの間では、「虹色の大蛇の卵」と考えられており、神聖な場所とされています。自然が作り出した造形美、まさに圧巻の一言です。

 

ハイジの家/ヨーロッパ

photo by Thomas

番組開始1周年を記念して放送した、ヨーロッパ21ヵ国完全制覇の旅。実質8日間でヨーロッパ21ヵ国をレンタカーで回るという、これまた無謀すぎる企画です。

ミスターこと鈴井貴之が旅のテーマとして掲げたのは「メルヘン」。「くまのプーさん」のゆかりの地や、シンデレラ城のモデルとなったといわれている「ノイシュバンシュタイン城」などを訪れています。

 

その中でも印象的だったのは、「アルプスの少女ハイジ」の舞台となったスイス のマイエンフェルトで、ミスターがハイジとして丘から駆け下りてくるシーン。まさにメルヘンというテーマにふさわしい、爽やかさが溢れる清々しい場所です。

 

タマンヌガラ国立公園

Photo by Xuanxu

壮絶すぎるほど過酷なロケとなった、マレーシアジャングル探検の旅。どうでしょう班一行が、マレーシアの国立公園に野生動物を観察しに訪れた伝説的なロケです。

このタマンヌガラ国立公園は、普段は見ることができない野生動物たちの生活を見ることができる、素敵な場所です。この国立公園のジャングルには、ブンブンと呼ばれる動物観察小屋が複数あります。

 

その中でも、一番人気のなかったブンブンブラウという粗末な動物観察小屋で、一夜を過ごすことになってしまった彼ら。トラへの恐怖と戦いながら「拷問だ」「バリケードを作れ!」などといった名セリフが生まれたのも、このロケです。

 

コールドフット/北極圏

Photo by Bureau of Land Management

北極圏突入の旅は、ミスターのオーロラを見に行くという夢を叶えるという企画です。アラスカではキャンピングカーのレンタル料金が安いということで、レンタルして北極圏を目指すことにした彼ら。

 

旅の最終目的地は、北極圏にあるオーロラがよく出現するという町「コールドフット」。アラスカ州の州都アンカレッジから、マッキンリー山(正式名称はデナリ)など、コールドフット以外の場所で思いのほか多くの時間を過ごしながら、やっとの思いでたどり着いたのですが…

 

結局オーロラは見られませんでした。しかしながら、雄大な自然が残るアラスカの景色は、やはり美しいです。

 

サンタフェ/アメリカ

Photo by Woody Hibbard

西海岸のサンフランシスコから、東海岸の首都ワシントンD.C.までレンタカーで駆け抜けたアメリカ横断の旅。その途中、ニューメキシコ州にあるサンタフェという都市で一晩を過ごしています。

実はアメリカが嫌いだというミスター。そんなミスターが唯一行きたいと希望したのが、歴史的な街並みが建築物を残るこの都市でした。芸術の町としても知られるサンタフェ。

 

アメリカ最古の家や聖ミゲル教会など、一般的なアメリカのイメージとは少し違う街です。スペインやメキシコの香りが漂う、独特な雰囲気を味わえます。

 

ユーコン川/カナダ

Photo by Susan Drury

番組内の企画の敗者罰ゲームとして行われた、ユーコン川160キロをカヌーで下る企画。ユーコン川とは北アメリカ大陸の北西部に存在する川ですが、カナダのユーコン準州も流れています。水曜どうでしょうのロケは、ユーコン川のカナダ領内で行われました。

 

クマが出現する可能性や、大量発生していた蚊に苦しみながらも、無事ロケを終えた彼ら。この企画は元々、アウトドアにあまり興味のないミスターへの罰ゲームとして企画されたものでしたが、旅の終盤では、すっかり自然の魅力に虜になったよう。

雄大なユーコン川。その美しい川の流れを見ていれば、普段の喧騒を忘れてゆったりとできそうな場所です。

 

水曜どうでしょうの世界に浸る旅

いかがでしたでしょうか?オセアニア、ヨーロッパ、アジアなど、世界様々な場所を駆け巡った彼ら。

水曜どうでしょうファンの方は、ロケ地を回る巡礼の旅をするのもオススメ。まるで、彼らと一緒に旅をしている気分になれるかも。

次回の旅先を決める際、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

エベレストもすっぽり入る深さは10,000m以上!世界にある6つの最低地点
ワクワクするような海外のイベント・お祭りの探し方
奇跡の絶景は世界の果てにあった!辿り着くまでが大変な世界の絶景7選!
予算は40万!少し冒険気分を海外で味わいたい方の旅先7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP