ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役バーテンダーが教える ナイスミドルにモテる会話術4つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BARといえば大人の世界。年上好き女子が恋人を探すにはうってつけの場所といえる。

しかし、若さだけでチヤホヤされるのは最初の数回まで。

年上のナイスミドルを落とすには彼らに合わせた受け答えが必須である。

そこで、現役バーテンダーのKさんに『ナイスミドルにモテる会話術』を教えてもらった。

昔話をどんどん引き出そう

当然のことながらナイスミドルたちは人生経験が豊富。すなわち、仕事から恋愛まで昔話のストックも豊富。

ここが若者とは違うところ。会話のネタに困ったときはどんどん昔のこと質問しよう。

ナイスミドルたちも“昔とった杵柄話”を誰かに話したくて仕方ないはずなので、水を得た魚のようにマシンガントークを繰り出すだろう。

お酒について教えてもらおう

昔話を聞きつくしたら、今度はお酒の話。BARに通う男の大半がお酒に詳しく、お酒にまつわるうんちくを沢山持っているからだ。

この時、大事なのは『お酒の勉強がしたい』という前向きな姿勢である。

ただ教えてもらうのではなく、「詳しくなりたいんです!」とアピールすることで、ナイスミドルたちに「他の若い子とは違う」と好印象を持ってもらえるのだ。

さらに、「良いお店があるんだけど… 」とデートのお誘いも受けやすくなる。

「今のほうが私は好き」と言おう

機械音痴なナイスミドルたちがスマートフォンを標準装備し、SNS用の写真を撮り出している今、自慢の画像を見せてくる人も多いという。

中には、「これ15年前の俺」と言って、若かりし頃の写真を見せてくる人もいるんだとか。

この場合のベストな返し方が「若い頃もカッコいい! …だけど今のほうが私は好きですよ」。

昔もほめつつ、今のあなたに好意を持っていることをきちんと伝えよう。

同世代の男の悪口を言おう

独身を貫いてきたナイスミドルたちは結婚を諦めていることが多い。

そして、若い女の子にモテるわけがないとネガティブになっている。

そのため、いくら年上好きの女子たちがアプローチしても「冗談だろ」と本気になってくれないだろう。

この状況を打破する対策が『同世代の男の悪口』である。

ストレートに年上好きと言うよりも、同世代の男に幻滅した、興味がないとあえて遠回しに伝える。

その方がナイスミドルたちの心に響き、「この子は本当に年上が好きなんだ」と思われやすい。

関連記事リンク(外部サイト)

カリスマスピリチュアルブロガーが教える 素敵なパートナーを引き寄せる方法
現役バーテンダーが教える 一人でBARに通う男の心理4つ
カリスマスピリチュアルブロガーが教える パートナーに浮気をされない方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP