体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョコとビールだけじゃない!ベルギーのおすすめお土産13選

Photo credit: Saki Ishizaka「【弾丸】ベルギー食べ歩きの旅!」

Photo credit: Saki Ishizaka「【弾丸】ベルギー食べ歩きの旅!」

こんにちは。Compathy MagazineライターのMayumiです。
ベルギーといえば、ビール、ワッフル、チョコレート! 実はあの有名なキャラクター、「タンタン」の生まれた国でもあります。ベルギーの首都、ブリュッセルは街歩きが楽しい場所。ショップやカフェがたくさんあるので、散策しながらお土産探しもできます。
今回はそんなグルメや自然、世界遺産など様々な魅力に溢れる国、ベルギーのおすすめのお土産13個とお土産探しにぜひとも利用してほしいお店を5ヶ所ご紹介します!

1. ベルギービール

Photo credit: Edicolante「ベルギー ブリュッセル オシャレなレストランとベルギービールを飲みまくり!」

Photo credit: Edicolante「ベルギー ブリュッセル オシャレなレストランとベルギービールを飲みまくり!」

ベルギーといえばビール! ここ最近では日本でもベルギービールを飲めるお店も増えてきましたよね。
本場ベルギーは種類も豊富で、修道院ビールなど現地でしか買えないものもあります。ついでにしっかり、銘柄にあったグラスもお土産に買っていきましょう!

2. キュベルトン

 
Photo credit: DimiTalen (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: DimiTalen (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

一度見たら忘れられない不思議な形をしたお菓子キュベルトンは、砂糖菓子でベルギーの伝統あるお菓子の一つです。三角ぼうしのような形をしていて、食感は外側は固めでさくっとしています。一口かじると、中のとろ〜とした甘い液体が口いっぱいに広がります。
一口で食べるには少し大きいくらいの大きさで、量り売りで購入が可能です。日本では出会えない、不思議なお菓子キュベルトン。お土産にぴったりですね!

3. トリュフ入りマヨネーズ

ベルギーでは、わたしたち日本人が醤油を好みよく使う感覚でマヨネーズを使うそうです。中でもおすすめなのが、トリュフ入りのマヨネーズ。フライドポテトにつけたり、いつもの料理に加えるだけで高級感溢れる味わいになります。
トリュフ入りのマヨネーズなんで高級すぎて買えないわ! と思う方もいるかもしれませんが、実はお安く購入することができますよ。量にもよりますが、約1ユーロから4ユーロほどで購入可能です。
日本のマヨネーズよりもあっさりしているベルギーのマヨネーズ、一度ご賞味あれ。

4. ニュートゥリーの板チョコレート

new tree chocolate by Daniele Falciola, on Flickr
“new tree chocolate” (CC) by  Daniele Falciola 

ベルギーで話題沸騰中のニュートゥリー(New tree)は、オーガニックチョコレートでオーガニック認定されているブランドです。ヘルシーな材料を使った体にも優しく美味しいチョコレートは、味だけでなく、香りもよいので人気があります。
また、フレーバーの種類も豊富で、日本で販売されていないものも含めると15種類以上あります。板チョコレートが有名ですが、グミをチョコレートでコーティングしたものなどラインナップも豊富です!

5. ハンドクリーム

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会