ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代の魔法使い・落合陽一の仕事観

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「テクノロジーで人間の仕事は激変する。キミは機械をどう使いこなす?」

【もっと大きな画像や図表を見る】

落合陽一先輩は、博士号を持つメディアアーティストだ。それは表現の“枠組み”ごと生み出す人…とその定義を語る。そんな人だからして、仕事の変化と生き方のススメをサラリと説く。ちょっと難解かもしれないが、得てして未知の概念とはそういうもの。心して頭にたたき込むべし!

■足並みそろえて会社員…は過去!機械に仕事を奪われる!?

まず真っ先に変わっていくのが、勤務形態でしょうね。拡張現実などの発達で、自分がそこに行かなくても大抵のことができてしまう。身体と都市構造が切り離され、土地の値段も人の意識もだんだんフラットになる。すでに在宅出勤の取り組みも増えていることからも、足並みそろえて会社員をやる常識は崩れていくことがわかる。また、仕事の枠組みも一変します。昔はお金を稼ぐ仕組みは明確だった。でも今はメディアの発展やタスクの分化で、「これがどうしてお金につながるの?」という仕事が増えていますよね。多くの仕事、特にルーチンワークは減ります。製造業から小売り、メディアからマーケティングまで、あらゆる分野でコンピュータへの依存がさらに進むでしょう。

■広い視野を持つために、勉強が大事。フレームを作れる人材になろう!

そうなると人間の仕事は、機械に使役されるか、仕事全体のフレームをデザインし、機械に指令を出すかになっていくんです。前者は搾取される側なので、目指すなら後者。大きなフレームを俯瞰する能力が求められます。つまり様々な立場からの見立てが大切になるのです。そのためには、若いうちにとにかく勉強する。ちょっと難しい本…たとえば僕の『魔法の世紀』を読むのもオススメです。あるいは転職や、大学に戻って勉強するのもいい。優秀な人材は、キャリアデザインを楽しみます。新たな挑戦は「セーブして他のゲームをやる」くらいの感覚でいいと思うんですよね。

■“自分自身のメディア化”を。足がかりは「好きなことを自問」!

知見と発信力を備えた人は、メディアになる。これは古来からあったことですが、今はSNSやネットのおかげでやりやすくなりました。Twitterでいえば、フォロワー5000~1万人を超えると、影響力が出てくるでしょ? 単に知名度を上げろということではなく、ワーク&ライフスタイルが社会のニーズと合致すれば、自ずと起こる現象です。そのために大切なのは、まずモチベーションを高めること。今やっていることに縛られず、好きなことをたくさん見つけましょう。最低限、「これが好きでこれが嫌い」と瞬時に答えられるようになること。すると自分の立ち位置がわかるし、向いていることもわかってくると思いますよ。
(吉州正行)
(R25編集部)

現代の魔法使い・落合陽一の仕事観はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

佐藤可士和「入社時の苦い思い出」
若田光一「全体像を意識すること」
田中良和「仕事は選り好みしない」
瀧本哲史「幸せになる働き方」
どうなる?「機械が人間超える」日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP