ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小澤征爾、グラミー賞受賞作「ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》」がランキング急上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月15日(日本時間16日)に米・ロサンゼルスで行われた『第58回グラミー賞』授賞式で、クラシック部門「ベスト・オペラ・レコーディング」賞を受賞した小澤征爾(80)の指揮作品『ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》』(ユニバーサルミュージック/2014年8月発売)が週間0.4万枚を売り上げ、今週発表の最新3月7日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:2/22〜2/28)の20位にランクインした。

このたびの快挙直後より発売元のユニバーサルミュージックには問合せが殺到。授賞式後には一時品薄状態となったが、バックオーダー(入荷待ち注文)分が店頭に並び始めた今週付では、先週付の209位より急上昇をみせ、一気にTOP20入りを果たした。

小澤氏関連アルバムのTOP20入りは、2011年2月7日付で『奇蹟のニューヨーク・ライヴ ブラームス:交響曲第1番ハ短調 作品68』(2011年1月発売)が14位にランクインして以来5年1ヵ月ぶり。なお同作は、今週付アルバムラン キングにおけるクラシック・ジャズ部門では1位を獲得している。

関連リンク

小澤征爾 ユニバーサルミュージックhttp://www.universal-music.co.jp/seiji-ozawa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。