ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジミヘンのあの曲を「琴」でプレイ!チョーキングの再現度にファンが興奮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロック琴リストとでも呼びましょうか。インディーズアーティストのルナ・リーが演奏したのは、ジミヘンの愛称で知られるギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの有名曲『Voodoo Child(Slight Return)』。使っている楽器は「伽耶琴(カヤグム)」という韓国の琴ですが、その音にはロックファンやギタリストも大興奮!

ドラムやベースのバッキングに合わせて弾くメロディ。とくに、“あの行き過ぎ感溢れるチョーキング”の再現性には思わず声が出ちゃうはず。ぜひ見てみてね!

琴なので、弦を弾く力が強いのか、まるでジミヘンがギターを歯で弾いたときのようなアタック感が出ている…とは考えすぎでしょうか。そのほか、B.B.キングやボブ・ディラン、AC/DCにレッド・ホット・チリ・ペッパーズなどなど。多くのカバー曲がYouTubeで見られるので、ぜひチェックしてみてね♪

Licensed material used with permission by Lunaxmusic

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
2,000頭もの「シロイルカの群れ」をドローンが撮影
70%のドライバーが知らない!?「ひし型の道路標示」の意味とは・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP